東日本大震災|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

東日本大震災発生から2年


「結局、何の手助けも出来ていないなぁ。」と改めて感じます。

って、「改めて感じる」と思っている時点で、
「どこか他人事」と思っている証拠なんでしょうねぇ...。

反省。

でも、ホント、何も出来ていない自分。

被災地の方々のご苦労を考えると、
「普通の生活」が、如何に幸せなことか。

私は、西日本の田舎に住んでいますので、
(阪神・淡路大震災の時に、震度3くらいの所)
現在、震災の影響はほとんどありません。

現地の現状は、メディアを通して見聞きする程度ですが、
「風化させてはいけない」と思っています。

私が言っても、言葉の重みが全くありませんが...。

ホント、
何も出来ていない自分が情けないですし、申し訳なく感じます。

「オールジャパンで復興・再建」と、
言うのは簡単ですが、実際は?となると、難しい部分もあります。

ただ、これも、単なる「いいわけ」に過ぎませんね。

自分に出来ることは限られているとは思いますが、
その限られた中で、最大限の努力をしていきたいです。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2013年03月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本大震災から1年

昨日、3月11日で、東日本大震災から1年が経ちました。

私ができたことは、僅かな義捐金活動だけ...。

情けない。

西日本に住んでいるという物理的な理由は、
単なる「いいわけ」に過ぎません。

それならそれで、何らかの方法があったハズ。

ホント、申し訳ないです。

先日、
東京都大田区の方と話をする機会があったのですが、
直接の被災者ではないものの、影響は大きいとのこと。

会話での「言葉の重み」が、全然違いました...。

正直、このエントリーを書くことにも戸惑いがありました。
何を書いても、軽々しく感じるからです...。

ただ、一番大切なのは「忘れてはいけないこと」かと。

そして、復興(再建)は「オールジャパン」でやること。

改めて「自分にできること」を考えていきたいです。

最後になりましたが、
東日本大震災で亡くなった方へ、心よりお悔やみ申し上げます。

そして、被災者の方が1日でも早く、
「明るい希望」が持てますように、心より祈念いたします。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年03月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オール電化の弱点

「お気に入りブログ更新情報」より。
私は「オール電化住宅嫌いです。」

オール電化、私も、嫌いです。

正直、それほど、魅力を感じていませんでした。

え〜と、私が、一番感じていたのは、「本当にお得なの?」と。

電気代が安くなるという営業トークでしたが、
これは、深夜料金が適用される時間帯に、電気を使うことが前提。

逆に、昼間は割高料金になるので、注意が必要です。

なので、
気がつかないうちに「夜型」の生活にシフトしてしまう危険も。

私、同じようなことを、昔、経験しています。

当時、
ネットは、従量制が主流でしたが、「テレホーダイ」が出始めて、
23:00〜8:00が定額になるということで、
私も、喜んで加入したのですが、
真夜中(本来は寝ている時間)にガサゴソしているので、
そうなると必然的に、寝不足に...。

いやぁ〜、当時は、私も若かったので、少々の無理はできましたが、
今やれと言われたら、多分、できないと思います(笑)。

使い方さえ間違えなければ、
ガス併用と比べると、ランニングコストは安くなるかと思いますが、
イニシャルコストとのバランスを考えると、如何なものかと。

オール電化に限った話ではありませんが、
何かモノを買おうと思ったときに、
売っている人に話を聞いても、良いことしか言いませんので、
それに惑わされることなく、しっかりと判断することが大切かと。

私なんかは、へそ曲がりなので、
わざと「悪いところはないの?」と聞いたりします。

その対応を見て、販売店・販売員の良し悪しを判断してみたりします。

まぁ、言うのは簡単ですが、
実行に移すとなると、それが難しいワケですが...。

あと、個人的には、IHの火力の弱さにウンザリしています。

多分、IHもキチンとした、いいモノを使えば、
火力もあるかと思うのですが、私の賃貸住宅では設備不足。

実家はガスなので、
引っ越した時には、火加減がよく分からずに、苦労しました。

もちろん、IHは、手入れが簡単というメリットはあるのですが、
私としては、パラパラチャーハンを作りたい!と(笑)。

あと、もう1つ。

電源の問題。

電源は、もちろん電力なので、
それがストップすると、すべてストップしてしまいます...。

やっぱり、リスクヘッジを考えれば、
電気・ガス・水道の3つを揃えるのが、ベストバランスかと。

オール電化は、
補助金効果もあって、この数年で爆発的に増えましたが、
今回の東日本大震災で、いろいろな問題点も露呈しました。

今後、オール電化はどうするべきか?

改めて、考える必要があると思います。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

「オール電化」販売休止 計画停電で弱点露呈

2011年3月31日 朝刊

 「エコで経済性に優れている」などの触れ込みで東京電力をはじめとする電力会社が販売に力を入れてきた「オール電化」の商品が、東日本大震災の影響で存続できるかどうかの岐路に立たされている。調理や給湯、冷暖房など全てのエネルギーを電気で賄う「オール電化住宅」は計画停電で不自由な存在に。電力消費量が多いことから、東京電力はオール電化の商品の販売を休止した。 (木村留美)

 「火を使わず料理ができる。高齢者や子どもでも安心です」

 東電はこれまで、ガス会社との競争に勝とうとオール電化住宅の「IHクッキングヒーター」の利点を強くアピールしてきた。

 テレビCMを積極的に活用したPRも奏功し、オール電化住宅の販売はここ五年ほどで急増した。

 東電は二〇〇四年から事業を本格化。〇五年度末の管内九都県のオール住宅は二十万六千戸だったが、〇七年度末には二倍以上の四十五万六千戸に増加した。一〇年十二月時点では、〇五年度末比で約四倍に当たる八十五万五千戸に達している。

 しかし、今となっては、東電にとってオール電化商品の販売拡大は裏目に出た格好となっている。管轄する区域の気候が東電と似ている中部電力や関西電力では、オール電化を使う家庭の電力使用量は、ガスと併用する家庭に比べ一・三〜一・五倍になると試算されている。

 東電の島田保之執行役員はこれまでの記者会見で「オール電化を勧められる状況になく、営業を中止している」と説明。既に利用している人には「ご迷惑をお掛けしている。アフターサービスはしっかり対応したい」と述べることしかできなかった。

 計画停電を実施していない中部電力と関西電力など、他の電力会社はオール電化の商品の販売を継続。ただ、中部電力の担当者は「テレビCMを自粛し、キャンペーンやイベントも取りやめている」などと話し「自粛モード」だ。

 首都圏の計画停電は四月末にいったん終了しても、夏に再び実施される可能性がある。抜本的な電力の供給策が見つからなければ、計画停電の実施期間が長期化する懸念もあり、オール電化は正念場を迎えている。


東京新聞「オール電化」販売休止 計画停電で弱点露呈経済(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011033102000027.html

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年04月04日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「赤プリ」解体まで福島原発避難の住民に提供へ

ちょっと古いニュースですが、東京都は24日、
今月末で営業を終了する「グランドプリンスホテル赤坂」の客室を、
原発事故等で避難するなどした福島県の住民に提供すると発表。

「ナイス判断!」

また、
統廃合により廃校になった校舎を避難所にするというニュースも。

手続きとか、費用とか大変なことも多いと思いますが、
この非常事態ですから、使えるモノはドンドン使ってほしい。

現在では、仮設住宅の設置も急ピッチで進んでいるようですが、
供給は、まったく追いついていない状態だと思います。

まずは、避難所の雑魚寝状態から、個室のある空間作りが急務かと。

個人的には、トイレ・お風呂は共同になると思いますが、
廃校になった校舎の教室の中にプレハブを建てる方法もアリかと。
(まぁ、いろいろと問題・手続きはあると思いますが...。)

ただ、実際には、被災者の数が大きすぎるので、大変ですが、
受け入れを表明している自治体も、たくさんありますので、
うまく連携して、1日でも早く1人でも多くの方に、
安心できる落ち着いた生活を取り戻していただきたいです。

そのために、私ができることは、
今の生活をキッチリ守り、経済活動をストップさせないこと。

義援金を送ろうにも、お金がなければ、話になりません。

「しっかり儲けて、しっかり使って、しっかり送る。」

今の私の心がけです。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

「赤プリ」解体まで福島原発避難の住民に提供へ

 東京都は24日、「赤プリ」の名で親しまれ、今月末で営業を終了する「グランドプリンスホテル赤坂」(千代田区)の客室を、福島第一原発の事故で避難するなどした福島県の住民に提供すると発表した。

 使用するのは、40階建ての同ホテル新館で、客室は715あり、最大で約1600人を収容できるという。同ホテルが「被災者の役に立ちたい」と都に申し出、営業終了後からホテルの解体が始まる6月末まで避難所として提供することになった。今後、都が希望者を募り、4月9日から受け入れる予定。光熱費などは都が負担する方向で調整している。

(2011年3月24日20時00分 読売新聞)

「赤プリ」解体まで福島原発避難の住民に提供へ 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110324-OYT1T00891.htm?from=navlp

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年03月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計画停電、23区はほとんど除外

不勉強でスミマセン。

現在、東京電力で行われている計画停電ですが、
23区では、一部実施されている区もありますが、
ほとんど実施されていないとのこと。

これに不満の声も上がっているとか。

私、計画停電って、東京電力管内の
すべてのエリアで行われているものだと思っていました。

除外した理由は「停電の影響が大きい」ということですが、
正直「これは不公平ではないか?」と。

私、田舎者なので、23区で停電になると、
どのくらい混乱するのかというのは、想像もできません。

でも、
23区(一部を除く)だけを特別扱いするのは、どうかと思います。

「みんなで一丸となって取り組もう」という雰囲気が出来つつある中、
それに水を差すような対応だなぁ〜と。

もちろん、23区は、日本の中枢機能が集中していますので、
停電により、多大な影響が出ることは確かです。

また、
23区に限らず、医療機器や冷蔵庫・冷凍庫、生産ライン等の
常時、電力が必要な施設への電力供給がストップするということは、
生命維持・生産活動に大きな影響が出ることも確かです。

しかし、逆に、
数時間の停電ですら、持ち応えられないというのも、如何なものかと。
(それだけ、軟弱なシステムということでしょうか。)

ただ、
バックアップ電源等の設備(備え)は大切だと思うのですが、
それを個人や零細・中小企業で行うのは、ちょっと大変ですので、
そこへのフォローはしっかりと行ってもらいたいものです。

あと、災害後、落ち着いてくると、
「支援格差」にストレスを感じる方も多く出てきますので、
政府・自治体・東京電力には、最大限の努力・配慮をお願いしたいです。

また、
電気が、どれだけ生活に重要なものか(密着しているものか)、
今回のことで、強く再認識しました。

あと、
メディアに対しても、ちょっと言いたいですが、
テレビ等で計画停電の実施日時・グループ等については報道されますが、
23区(一部を除く)が除外されていることに、
疑問を投げかけるコメンテイターや、
それに不満を持っている人がいることについては、
何の情報もありませんでした...。

もちろん、私自身の情報収集能力不足もありますが、
偏った情報ばかりでなく、広い視野をもって、報道してもらいたいです。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

計画停電 23区見送り
2011年3月16日 朝刊

 東京電力は十五日、地域と時間を区切って電気を止める計画停電(輪番停電)を当分の間、東京都の二十三区で実施しないことを明らかにした。実施対象地域のグループ分けに含めているが、同日の会見で「停電対象にしないようにしたい」(藤本孝副社長)と説明した。ただ、区部の一部地域では隣接する二十三区外から送電を受けているケースがあり、その場合は停電することがあるという。

 東京電力は、これまで千代田、中央、港の都心三区は「停電の影響が大きい」として対象外としてきた。都市部での混乱を避けるために、今後、しばらくは残りの区部でも停電を見送る方針。冷房を使用する夏季など、今後の電力の需要次第で二十三区が再び計画停電の対象になる可能性もある。

 十五日の計画停電は東京都町田市、府中市や横浜市、さいたま市、千葉市など八都県で対象地域を五グループに分け、午前七時ごろから午後十時ごろまで各三時間程度実施した。地震による被災地がある茨城県は対象から外れた。

 停電の対象は、計画停電初日の十四日(約十一万世帯)を大きく上回る約五百万世帯に達した。東電は十五日には前日に電気の使用を抑えすぎていた反動から起きる“リバウンド需要”などがあると予測、実施する地区や世帯数を大幅に増やした。

東京新聞計画停電 23区見送り社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011031602000040.html

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年03月28日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。