和解交渉の考え方|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

和解交渉の考え方(訴前交渉編)

和解交渉は大きく分けて、
「訴訟を起こす前の話し合い」と
「提訴後の話し合い」の2つに分類されると思います。

ただし、本人請求では、訴前の話し合いは、
「到底納得できない和解」を提示されることが多いので、
ほとんど無意味だとは思いますが、
提訴後の和解を有利に進める布石として、重要だと思います。

ポイントは、
「できれば提訴したくなかったが、仕方が無いので提訴した」
という事実をつくること。
(これにより、訴訟費用を請求しやすくなります。)

で、
実際の訴前和解の進め方については、得意の丸投げで(笑)。

いつもお世話になっている、金田さんのブログより。
和解の落としどころ
過払い金交渉について
過払い金返還請求の本人和解交渉の要所@
過払い金返還請求の本人和解交渉の要所A
過払い金返還請求の本人和解交渉の要所B

細かいところまで解説があり、とても勉強になります。

本人和解交渉の要所は、訴前和解についてのエントリーですが、
考え方については、提訴後交渉にも応用できる内容です。

交渉は、
「駆け引き」と「譲歩する姿勢」がとても大切だと思います。

また、受け答えによって、
「勉強している」「調べている」と思わせれば、
相手にプレッシャーをかけることができます。

それぞれの事情や相手がいることなので、
「これが正解!」というのはないのですが、
基本的な考え方は同じだと思います。

さてさて、
「提訴後の話し合い」について、まとめようと思ったのですが、
さっぱり頭が働かないので、今日はパスします。
(後日、エントリー予定。)




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年06月16日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 和解交渉の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。