メリット・デメリット|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

本人請求の問題点

「お気に入りブログ更新情報」より。
本人請求 本人訴訟の壁は厚いようです。

「過払い金返還請求は自分でやるべき」というのが、
私自身の考え方ですが、若干の問題点もあります。

1つめは、時間的な制約。

現状、
過払い金を満額 または、それに近い金額を目指すのであれば、
訴訟が必須条件となっています。

書類作成や手続き等は、仕事が終わった後でも、
大丈夫だと思うのですが、口頭弁論は平日に行われますので、
その時間を確保することが必要になります。

時間的には、移動時間を含めても、半日程で十分だと思うのですが、
平日に時間を作れない場合には、厳しいかと。

2つめは、交渉&忍耐力。

任意交渉では金融業者と、訴訟では裁判官と、
交渉(話し合い)が必要になってきます。

「減額のお願い」をされまくっても怯むことなく、
相手の主張・手段に対しては自分の意見をキッチリと言う。

言うのは簡単ですが、実際にやってみると、ちょっと大変かも?

「これ以上は無理です」「どうにかしてください」と、
懇願され、謝り倒されたとしたら、少し気が引けるかもしれません。

相手側がガン!と、それらしい主張をしてきたら、
「私の方が間違っているのか?」と思ってしまうかもしれません。

もちろん、
譲るところは譲るとしても、必要以上に妥協することはありません。

日常生活では、謙虚さは大切だと思うのですが、
交渉ごとにおいては、正直、ジャマで、必要ないかと。

ただし、
意見を述べることと、無茶を言うこととは、違いますので...。

良い意味で、ドライに割り切る力が必要になります。

でも、
コレがなかなか難しいのですが、慣れの部分が大きいかと。

私自身、
「交渉にもなれてきたなぁ〜」と思い始めたときには、
過払い金返還請求がほとんど終わっていましたから(笑)。

3つめは、勉強。

普通に生活していると、
裁判(交渉)を経験することなんて、滅多にありません。

自分でやる以上は、それなりに勉強することが必要となります。

手続きやら専門用語やら、分からないことも、たくさんあるかと。

でも、手続きに関しては、裁判所で聞けば教えてくれますし、
専門用語に関しては、ググれば理解できるかと思います。

過払い金返還請求自体は、そんなに難しいものではないので、
ネット&書籍で十分に対応できるかと思います。

それでも分からなければ、ブログや質問サイトで聞けば大丈夫かと。

まぁ、逆に、それができないのであれば、
本人請求はあきらめた方がベターかと思います。


え〜と、簡単に3つほど述べてみました。

まぁ、時間とやる気があれば、
本人請求も、社会勉強だと思って経験しておくのも、1つの手かと。

で、逆に、「無理っぽいなぁ〜」と感じるのであれば、
専門家(弁護士・司法書士)に依頼する方がベターかと思います。

専門家に依頼した場合には、2割ほど持っていかれますが、
手続きや交渉は、「おまかせ」できますので、気分的にはラクかと。

状況や費用対効果を加味して、
本人 or 専門家依頼 を使い分ければOKかと思います。


人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年04月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | メリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本人請求か?専門家依頼か?

お気に入りブログ更新情報より。
過払い本人請求はもっと厳しいです

ハッキリ言って、本人請求の場合、
業者は完全にナメています(怒)!!!

金額提示も、3割とか5割とか、
到底納得できるものではありません!

本人で請求をする場合には、訴訟が必須だと思います。

逆に、訴訟に抵抗(無理)があるのなら、
本人請求は諦めて、専門家に依頼した方が無難だと思います。

自分のお金を返してもらうために、
裁判所や専門家にお金を払うというのは、
納得できない(理不尽な)感じですが、現状では仕方がありません。

私自身が請求した時(かれこれ1年以上前ですが)も、
「訴訟をするつもり」で請求しました。

できれば、訴前の交渉で終わらせたかったのですが、
結局、全業者訴訟となりました...。

本人請求の最大のメリットは、返ってくるお金が多くなることです。
(専門家依頼の場合には、2割位を持っていかれますので...。)

その気になれば、訴訟費用も回収できます。

しかし、訴状や準備書面・訴訟対応・和解交渉等、
今まで経験したことが無いことをするので、チョット大変です。

でも、本人請求をする人には、助けてくれる多くの仲間がいるので、
当ブログに限らず、ネットで質問すれば、誰かが答えてくれます。

私自身も、過払金返還請求に関する情報は、ほとんどネットからでした。

「やりきるんだ!」という、強い心があれば、
やること自体は、そう難しいことではないので、
本人請求でも、十分対応できると思っています。

あと、専門家に依頼した場合には、
「どうなっているの?」と、ヤキモキするかもしれませんが、
本人請求の場合には、すべての進行を把握できるので、
そのストレスは無くなります。

ただし、
本人請求では厳しい事案や業者もありますので、その時には、
素直に、無理せず、専門家に依頼する方がベターだと思います。

まぁ、いろいろと述べましたが、どちらにしても、
メリット・デメリットがありますので、そこは、バランスを考えて、
本人請求か?専門家依頼か?考えればOKだと思います。

と、ここまで書いて読み返してみると、
昔に述べたことだったりします(笑)。

ジジィなので、同じことを何度も繰り返します(笑)。
スミマセン...。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2010年01月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | メリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過払金請求のメリット「支払が止まる」

これは、
現在、返済中の方に当てはまる可能性があります。

過払金請求のメリットとして、
「払いすぎたお金が戻ってくる」ということが、
あげられると思いますが、実は、最大のメリットは、
「返済が止まる」ということではないでしょうか?
(払いすぎているのですから、当たり前ですが...。)

ぶっちゃけた話、
一般的に過払いを考えるのは、支払に困った時だと思いますので、
支払が止まるだけでも、かなり「気がラク」になると思います。
その上で、過払金が戻ってくれば、万々歳かな?と。

ですので、
「過払金があるかも?」という取引であるならば、
取引履歴を取り寄せて、再計算することをオススメします。

取り寄せている途中で、支払期日が来る可能性もありますが、
その時は、業者に「過払金があるかもしれませんので、
お支払は保留させていただきます」とハッキリ言いましょう。

それでも払ってくれと言われるかもしれませんが、
「もしも、過払いになっていない時には、
延滞利息を付けてお返しします。」と言っておけばOKかと。

返済が止まるということは、
毎月の返済額を、他へ回すことができるということです。

借金の「負のスパイラル」に陥ったら、周りがよく見えなくなります。
(私もそうでした...。)

これで、今までの借金生活を、
一度リフレッシュすることができれば、
より良い判断ができるのでは?と思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
タグ:メリット
posted by 過払い太郎 at 2009年07月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | メリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門家依頼のデメリット「待ち時間」

え〜と、今日はいきなり丸投げで(笑)。

過払い金を専門家(司法書士)に依頼した、
あきらMKU さんのブログから。
後1週間ほどで3ヶ月

専門家に依頼をしている案件で、
「待つ」ことに、ヤキモキしている様子がよく分かります。
私も、基本的に「待つ」のが嫌なので、気持ちはよく分かります。

専門家へ代理人交渉を依頼してしまえば、
後は、何もすることはありません。結果を待つだけです。

「手間がかからなくて良い」というのが、
専門家依頼の最大のメリットですが、
専門家も膨大な案件を抱えているので、
場合によっては、時間がかかることもあると思います。

また、自分でやった場合には、
「相手の返事待ち」とか「資料到着待ち」とか
ここでなぜ、時間がかかっているかを把握することができますが、
専門家依頼の場合には、よく分かりません。

さすがに、毎日毎日確認するワケにはいきませんので、
定期連絡だけが頼りということになります。

専門家に依頼している方のブログを拝見していると、
待っている時に「不安感」を覚える方も、少なくないようです。

本人請求でも「不安な気持ち」になるワケですから、
ワンクッション挟んだ専門家依頼なら、なおさらでしょう。

ですので、
専門家に依頼する時には、「定期連絡は、
どのくらいのペースで、どのような感じで行われるのか?」
ということを、キチンと確認しておくことをオススメします。

専門家としても、
この時点で具体的なことは、言いにくいと思いますが、
それでも、
キチンと説明しようとする姿勢があるかをチェックしてください。

ここで、あやふやな対応とか、嫌な顔をされたら、
思い切って、そこはパスして、次を探した方がベターだと思います。

「ワケの分からない待ち時間」に不安を感じるかもしれませんが、
わざわざ、お金を払ってまで、専門家に依頼しているワケですから、
良い意味で「忘れて」、別のことを考えましょう。

専門家に依頼した後は、その方を信じて、吉報を待つのみです。
「良い方」と巡り会うことを、切に願っています。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年07月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | メリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訴訟費用を請求するメリット

今回は、
訴訟費用について考えてみたいと思います。

過払い金返還は、現在は、
「過払い金満額 + 5%」がスタンダードだと思いますが、
仮に、訴訟まで行った時には、
訴訟費用も請求したいというのが本音だと思います。

しかし、
業者としても、訴訟費用は簡単には認めようとしません。

専門家に依頼した場合には、
「訴訟費用は請求しない」という
暗黙のルール(?)があるみたいですが、
本人訴訟であれば、そんなのお構いなしに(笑)、
訴訟費用を含めた金額を請求することができます。

訴訟費用を請求するメリットとして、1番は、
日当と旅費を請求できることではないでしょうか?
(原告出廷1回につき、4,250円が発生します。)

実際に、私がプロミスと和解交渉したときの
訴訟費用の内訳は、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
収入印紙代:1,000円
代表者事項証明書取得費用:1,000円
切手代:2,000円(概算で予想)
原告日当:8,000円(4,000円X2回)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計:12,000円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
でした。
当時は「書類作成費用」を知らなかったのでノーカウント。
(端数をカット(譲歩の姿勢)して提示。)

実際に、訴訟費用額確定申立をするとなると、
訴訟費用内訳は、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
訴えの手数料:1,000円
書類の送達費用:2,080円
旅費:300円×2回 = 600円
日当:3,950円×2回 = 7,900円
書類作成費用:1,500円
法人資格証明書取得費用:1,160円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計:14,240円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
となると思います。

実際の和解交渉では、
・提訴前の交渉で「個人の請求には応じられない。
訴訟してください。」と言われ、提訴することになったので、
その費用はプロミスが負担するべき。
・もしも、和解不成立の場合には、判決をいただいて、
訴訟費用をどちらが負担するのか判断してもらい、
「被告の負担」となった時には、
こちらから「訴訟費用返還請求」をさせてもらう。
ということを強く主張し、訴訟費用を含めた金額で決着。

まとめると、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
過払い金:18,585円
利  息: 7,659円
訴訟費用:12,000円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合  計:38,000円(端数切捨て)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
で和解成立。

この「訴訟費用を請求」は、
過払い金が少ないほど有力な手段だと思います。

本件の場合、訴訟費用を持ち出しとすると、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
過払い金:18,585円
利  息: 7,659円
訴訟費用:−4,000円(訴訟費用持ち出し)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合  計:22,244円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
となり、その差は約16,000円となります。

数万円の範囲の中で、
16,000円の移動はかなり大きいと思います。

元々は自分のお金ですので、
出来る限り多く取り戻したいものです。

また、
過払い金が数十万円と高額の場合には、
「駆け引きのカード」として使う手もあります。

まずは、
「訴訟費用を含めて請求する姿勢」を見せておきながら、
「分かりました。訴訟費用は譲りましょう」と
譲歩する姿勢を見せて、着地地点を探すという手もあります。

また、訴訟費用を請求することで、
「しっかり勉強している」と相手に思わせて、
プレッシャーをかけるという意味合いもあります。

もしも、
和解交渉時に訴訟費用を拒否されたら、
判決をもらって、申立てをすることで回収できます。

その分、手間暇は増えますが、
手続き自体は形式的なものですので、
素人でも十分対応できると思います。

と、偉そうなことを書いていますが、
実際に、私が訴訟費用まで取り返せたのは、
このプロミスだけでした...。

何せ、初めての経験でヘタレ交渉を繰り返し、
やっとこさ慣れた頃には、過払い金請求は終わっていました。

武富士・アコムとは、もう一度和解交渉したいです(涙)...。

ぜひ、
本人訴訟の特権でもある「訴訟費用請求」を上手く利用して、
有利に和解交渉を進めてもらいたいと思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年06月15日 | Comment(4) | TrackBack(0) | メリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。