キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

キャスコ訴訟 判決言渡

2/6の第2回口頭弁論にて結審。
2/20に判決言渡。

原告の請求が全て認められました。

↓↓↓↓↓↓ ここから 判決 ↓↓↓↓↓↓

主文

1 被告は,原告に対し,2万5429円及びこれに対する平成12年10月25日から支払済みまで年5パーセントの割合による金員を支払え。

2 訴訟費用は,被告の負担とする。

3 この判決の1項は,仮に執行することができる。

事実及び理由

第1 請求

   主文1項と同旨

第2 事案の概要

 1 請求原因の要旨

 (1)原告と被告は,金銭消費貸借取引を行い,別紙利息制限法に基づく法定金利計算書(以下「計算書」という。)の借入金額欄,返済金額欄のとおり,平成12年2月4日から同年10月24日まで金銭の借入れと返済をしてきた(以下「本件取引」という。)。

 (2)本件取引を利息制限法所定の利率で引き直し計算すると,別紙計算書の残元金欄末尾のとおり,金2万5429円の過払いとなる。

 (3)被告は,法律上の原因なくして上記の金銭を利得し,原告は同額の損失を被った。

 (4)被告は貸金業者であるから,利息制限法による引き直し計算をすれば過払いになることを当然承知しており,原告から弁済を受ける際,これを知りながら原告から弁済を受けていたのであるから,悪意の受益者として,その受けた利益に利息を付して返還する義務を負う。

 (5)よって,原告は,被告に対し,不当利得返還請求権に基づき,2万5429円及びこれに対する平成12年10月25日から支払済みまで年5パーセントの割合による利息の支払を求める。

 2 争点

 (1)本件の各貸付・返済内容

 (2)被告は悪意の受益者か

第3 争点に対する判断

 1 争点(1)(本件の各貸付・返済内容)について

   別紙計算書の(西暦)年月日欄,借入金額欄,返済金額欄の記載内容と取引履歴リスト(甲1)の入出金日欄,入金額欄,出金額欄の記載内容がそれぞれ同一内容であると認められる。

   そうすると,本件の各貸付・返済内容は,別紙計算書記載のとおりと認めるのが相当である。

 2 争点(2)(被告は悪意の受益者か)について

   被告が制限利率を超過する利息を債務の弁済として受領したが,その受領につきみなし弁済の適用が認められない場合には,被告は,みなし弁済の適用があるとの認識を有しており,かつ,そのような認識を有するに至ったことについてやむを得ないといえる特段の事情があるときでない限り,法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した者,すなわち民法704条の「悪意の受益者」であると推定されるものというべきである(最高裁判所平成19年7月13日判決参照)。本件においては,被告は,上記特段の事情について,具体的な証拠に基づく立証はしていない。

   そうすると,被告は貸金業者であり,原告から弁済された利息が制限利率を超過することを知っていたのであるから,みなし弁済の適用を証明していない本件においては悪意の受益者であると解すべきである。

 3 証拠及び弁論の全趣旨によれば,原告の主張する過払金額が本件の過払金額であると認められる。

 4 以上によると,原告の請求は理由があるので,主文のとおり判決する。

↑↑↑↑↑↑ ここまで 判決 ↑↑↑↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年02月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャスコ訴訟 被告の準備書面

第2回口頭弁論(2/6)の前日に裁判所へFAXで
キャスコ(現プライメックスキャピタル)から準備書面が届く。
(実際に受け取ったのは、弁論当日裁判所で。)

同時に、2/1付けで
株式会社キャスコから株式会社プライメックスキャピタルへ
商号変更した旨の上申書も届きました。

↓↓↓↓↓↓ ここから 準備書面 ↓↓↓↓↓↓

第3 被告の主張

1 悪意の受益者について

 (1)民法704条「悪意の受益者」について

  平成15年4月14日東京高判(平成14年(ネ)第5612号)の判決理由中判断で示されているとおり、単に当事者間の貸し借りの状況や制限超過利息を徴収している事実さえ認識しておれば足りるというものではなく、悪意の存否判断に際しては受益者とされる者の評価的認識が影響を及ぼすものと理解されている。

  被告はいまのところあえてみなし弁済の主張・立証を行わないが、他の顧客と同様、原告との取引においても貸付けの度に貸金業規正法17条所定の書面を交付し、弁済にあっても同法18条所定の書面を交付してきた。現に、みなし弁済の用件を充足しているものと認識し、約定利率が有効であるとの前提で帳簿や、その他の書面を作成してきたのであるからして、断じて悪意の受益者ではない。

 (2)利息制限法第1条1項の意味するところ

  最大判昭和43年11月13日、最判昭和44年1月25日によれば、所謂制限超過利息は不当利得として返還請求ができる旨判示されてはいるものの、利息制限法第1条2項では、「債務者は、前項の超過部分(制限超過利息)を任意で支払ったときは、前項の規定にかかわらず、その返還を請求することができない。」と明記されている。この条項は、たとえ約定利息が制限利息を超過していることの認識があったとしても、原告が任意に利息を支払ってきた限り、これを受領してきた被告において、制限超過利息を返還しなければならないといったことなど認識できるものではないこと、即ち、制限超過利息の返還につき悪意であるといった事態など通常想定されていないことを、法文上明確に示すものである。

  被告において引用済みの平成15年4月14日東京高判(平成14年(ネ)第5612号)等多数判例において、「悪意の受益者」であるか否かは、単に当事者間の貸し借りの状況や制限超過利息を徴収している事実の認識ではなく、受益者とされる者の評価的認識が影響を及ぼすと理解されているのも、かかる法文の存在を踏まえての解釈に他ならない。

 (3)具体的・現実的な認識内容

  仮に、被告(キャスコ)が約定利率が制限利率を超過していることを認識していたとしても、現に過払い金が発生しているかどうかは
利息制限法への換算を行わない限り認識のしようがなく、つまり、被告(キャスコ)において、制限超過利息を任意に支払われていることは認識していたものの、過払い金が発生しているかもしれないということは原告(当方)の請求を受けることで、初めて具体的現実的に認識得たものである(原告の主張は、かかる歴史的事実を無視し、”遡って悪意であったことを擬制せよ”と言うに等しい)。

  こうした、具体的・現実的認識の検討から考えても、被告が過払い金の発生について、悪意の受益者であるはずがなく、せいぜい過失ある(かもしれない)善意者に過ぎないのである。

  そして、法律上の原因のない利得であることを現実に知るものだけが悪意の受益者であり、善意であれば過失の有無を問わず民法第703条の返還義務のみを負い、悪意の受益者にはあたらない、とされている通説的見解によれば(注釈民法(学)595頁(a))、仮に、みなし弁済や任意の弁済が認められなかったとしても、過失あるに過ぎない者が悪意の受益者とされる余地はない。

2 和解による解決(予備的主張)

 本件の可及的すみやかな解決にあたり、被告は予備的に和解の提案を行う。

 現在、被告キャスコは他の案件を含め膨大な過払請求を受けており、法人としての資力も低下しているため互譲による解決を強く望むものである。

 A 原告 ○○ ○○に対し金5,000円を4月末日限り支払う。

↑↑↑↑↑↑ ここまで 準備書面 ↑↑↑↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年02月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャスコ訴訟 原告の第1準備書面

裁判官から
「悪意の受益者に対する準備書面を提出してください」
と言われたので、準備書面を提出。

ちなみに、裁判官曰く、
「利息の充当計算方法については争う」ということについては、
被告が具体的な主張をしていないので、不問ということでした。

↓↓↓↓↓↓ ここから 第1準備書面 ↓↓↓↓↓↓

被告の「答弁書」に対して以下のとおり反論する。

第1 請求の原因に対する答弁第4項の主張に対する反論

 民法704条の悪意とは、受益者が法律上の原因のないことを知り、もしくは知り得るべき状況の下で受益したことを言う。貸金業の登録業者であれば、過払金の発生については、原則的に悪意と言ってよい。

 すなわち、被告は貸金業の登録業者として、原告と金銭消費貸借契約を締結するに際し、原告から弁済を受ける利息・損害金が利息制限法の法定利率を越えていることを認識し、かつその後なされた取引も取引履歴のとおり貸付けと弁済が行われたことを把握している。かかる認識からすれば、被告は原告が借入と返済を繰り返すうちに、いずれ過払の状態になることを認識していたことは明白である。

 被告は貸金業の登録業者であるから関連法規および貸金業務に熟知していた。ゆえに、みなし弁済の適用要件も当然に知っていた。すなわち、みなし弁済が適用される特段の事情も当然知っていたと言うべきであり、本件における特段事情を立証していないのだから、悪意の受益者になると知っていたと言うべきである。

 一般に、不当利得者が、その利得にかかる法律上の原因の不存在を基礎づける事実につき、これを認識している場合には、当然に「悪意の受益者」となるのであって、法令の存在を知らなかったり、誤った法解釈に基づいて法律上の原因があるものと誤解していたとしても、そのことは結論に影響を及ぼさない(法の不知はこれを許さず)。

 したがって、被告は過払金が発生した時点で悪意の受益者となり、過払金が発生した時点からその過払金を次の貸付金元本に充当されるまで、もしくは、原告が被告に対して過払金を充当すべき弁済債務がなければ、その過払金を被告が原告に対する弁済債務として完済するまで、被告はその過払金元本に対して年5%の利息を負担すべきである。

↑↑↑↑↑↑ ここまで 第1準備書面 ↑↑↑↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年01月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャスコ訴訟 被告の答弁書

第1回口頭弁論当日に裁判所へFAXで、被告からの答弁書が届く。

↓↓↓↓↓↓ ここから 答弁書 ↓↓↓↓↓↓

第1 請求の趣旨に対する答弁

 1 原告の請求を棄却する。

 2 訴訟費用は原告の負担とするとの判決を求める。

第2 請求の原因に対する答弁

 1 請求の原因第1項について
   被告が貸金業者であることは認める。

 2 請求の原因第2項について
   原告・被告間における金銭消費貸借契約に基づく取引(以下「本件取引」という)が、甲第1号証と合致する部分についての借入・返済については認める。

 3 請求の原因第3項について
   本件取引を利息制限法所定の利率に換算するとしても、原告甲第2号証のような充当計算方法については争う。

 4 請求の原因第4項について
   被告が貸金業者であること=悪意の受益者であると言わんとする原告の主張については争う。

 5 請求の原因第5項について
   いずれも争う。

第3 被告の主張
   追って準備書面を提出する。

 尚、平成○○年○○月○○日午前10時00分の口頭弁論は都合により出頭できません。宜しくお願い致します。

↑↑↑↑↑↑ ここまで 答弁書 ↑↑↑↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年01月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャスコ訴訟 訴状提出

裁判所へ訴状を提出。

こちらの請求は、
過払い金(約2.5万円)+5%利息(約1万円)+訴訟費用。

↓↓↓↓↓↓ ここから 訴状 ↓↓↓↓↓↓

請求の趣旨

1.被告は原告に対し、金2万5,429円及び内金2万5,429円に対する平成12年10月25日から支払済みまで年5%の割合による金員を支払え。

2.訴訟費用は被告の負担とする。

請求の原因

1.被告の表示
 被告は、原告のような消費者に対して小口の貸付を行う、近畿財務局登録の金融業者である。

2.原被告との取引
 原告と被告は、平成12年2月4日に消費賃借契約を締結し(会員番号○○○○○○)、原告は平成12年2月4日に金10万円を借入れ、平成12年10月24日に至るまで、借入れ、弁済を繰り返してきた(甲第1号証)。

3.被告の不当利得
 原告と被告との間の金銭消費貸借取引について定められた利率は、利息制限法所定の上限利率を上回るものであり、利息制限法超過利息の弁済については、元本に充当されるべきである。
原告は利息制限法所定の金利により再計算(甲第2号証)を行ったところ、金2万5,429円の過払金が発生している。
 同過払金は債務が存在しないのに、原告はそれを全く知らず支払われた金員であり、被告は法律上の原因なくして同金員を受益したのであるから、被告の不当利得金である。

4.悪意の受益者
 被告は貸金業者であるから、利息制限法による引き直し計算をすれば過払いになることを当然承知しており、原告から弁済を受ける際、これを知りながら原告からの弁済を受けていたのであるから、悪意の受益者として其の受けたる利益に利息を附して返還する義務を負う。
 なお、上記過払金に対して、其の発生当日から年5%(民法704条)の割合による、平成20年12月4日時点での未払利息は、金1万315円である。

5.原告の主張
 原告は被告に対し、不当利得返還請求権に基づき、金2万5,429円及び内金2万5,429円に対する平成12年10月25日から支払い済みに至るまでの年5%の割合による利息の支払いを求める。

証拠方法

甲第1号証 取引履歴(被告作成)
甲第2号証 利息制限法に基づく法定金利計算書(原告作成)

↑↑↑↑↑↑ ここまで 訴状 ↑↑↑↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2008年12月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル)訴訟編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。