時事ニュース|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

アイフル、3期ぶりに最終黒字

アイフルは、2012年3月期の連結最終損益が
170億円の黒字になったと発表。

3期ぶりの最終黒字を確保とのこと。

まぁ、
黒字転換したというのは、グッドニュースだが、
過払い金返還に備える引当金の繰り入れがなかったり、
営業収益は前期比で約22%減だったりと、心配なことも。

内容をパッと見る限りでは、
数字のマジックで、上手くごまかしている感じで、
実際は、まだまだ厳しい状況かと。

先月も、希望退職の募集をしていましたし...。

話は逸れますが、アイフルって、
それでも1500人くらいの正社員がいるとのこと。

腐っても消費者金融大手ですからねぇ。

でも、ならば、
もっとシャンシャンと対応してほしいとも思いますが...。

私自身は、消費者金融業は必要だと思っているので、
ナントカやりくりできている(ハズ?の)状況は、喜ばしいこと。

で、
「しっかり稼いで、キチンと返してほしい」
というのが、素直な気持ち。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

アイフル、3期ぶりに最終黒字 12年3月期

 事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)による経営再建中のアイフルは2日、2012年3月期の連結最終損益が170億円の黒字になったもようだと発表した。前の期は319億円の赤字。顧客が払い過ぎた利息(過払い金)の返還に備える引当金の繰り入れがなくなり、3期ぶりの最終黒字を確保した。

 同社は将来発生する引当金として、10年3月期に2573億円、11年3月期に769億円を計上していた。ただ返還請求は減っておらず、追加の引き当てを求められる可能性もある。売上高に相当する「営業収益」は、前の期に比べ約22%減の1140億円となったもようだ。貸付金の減少が響いた。

 同社は「貸金業への規制を強化した改正貸金業法の影響や、過払い金の返還請求の動向が不透明だ」として、業績予想を公表していなかった。

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
タグ:アイフル
posted by 過払い太郎 at 2012年05月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者ローン、3カ月連続増加

日本貸金業協会によると、2月の消費者向け無担保貸付金額は、
前年同月比7.7%増加で、3ヶ月連続で前年を上回ったとのこと。

「お金は使ってナンボ」だと思っているので、
貸付が増えていることは、素直にうれしい。

改正貸金業法の完全施行によって、
悪い意味で、お金が回らなくなってしまった。

もちろん、お金を誰にでも貸すというのは反対。

でも、お金が本当に必要な、
属性も何の問題もない人まで、アウトにするのは如何なものかと。

企業で、無借金経営を貫いている所は、ほとんどありません。

多くの会社は、借金をして、設備(先行)投資して、
それを返しつつ、経営をしています。

個人でも、
「身の丈にあった借金」なら、問題はないと思うのですが...。

浪費はダメですが、消費は必要かと。

消費が冷え込むと、ロクなことはありませんから、
「贅沢をしろ!」とは言いませんが、
ある程度の消費が起きるシステムは必要かと思います。

でも、しかしですねぇ、
私の所には、お金は全く回ってきませんが(笑)...。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

消費者ローンが3カ月連続増加 2月、7.7%増の2105億円
2012/4/17 19:10

 日本貸金業協会が17日発表した2月の消費者向け無担保貸付金額は2105億円となり、前年同月に比べ7.7%増加した。3カ月連続で前年を上回った。借入総額を制限する改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、減少傾向が続いてきたが、改善の兆しが出てきた。

 業態別では消費者金融が28.9%増の684億円、カード会社が0.2%減の1420億円だった。2月末時点の消費者向け無担保貸付残高は前年同月末比21.7%減の5兆4507億円となった。

消費者ローンが3カ月連続増加 2月、7.7%増の2105億円  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/
news/category/article/g=96958A9C93819591E
3E5E2E3968DE3E5E2E6E0E2E3E09797E0E2E2E2

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年04月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロミスの格付け、3段階引き上げ

格付け会社のムーディーズ・ジャパンが、
プロミスの長期発行体格付け・無担保債務格付けを
B1からBa1に3段階引き上げたと発表。

ナンダカンダ言っても、
銀行(三井住友フィナンシャルグループ)の
バックアップは強力ですねぇ。

格付け会社での格付けは上がっても、
私の中での信用はガタ落ちなんですが...。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

プロミスの格付け、B1からBa1に3段階引き上げ=ムーディーズ
2012年04月05日(木)17時23分

[東京 5日 ロイター] ムーディーズ・ジャパンは5日、プロミスの長期発行体格付け・無担保債務格付けをB1からBa1に3段階引き上げたと発表した。格付けの見通しは安定的。

ムーディーズによると、この格付けアクションは、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>によるプロミスの全株式取得の方針公表を受けて、2011年10月4日に開始された格付け見直しの結論。

プロミスの格付け、B1からBa1に3段階引き上げ=ムーディーズ ビジネス 最新ニュース ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/
headlines/business/2012/04/70032.php

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年04月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロミスの認諾の効力が認められる その2

YOMIURI ONLINE(読売新聞)より。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

プロミス、子会社への過払い金返還請求受け入れ

過払い金返還請求プロミス受け入れ 消費者金融大手のプロミスの子会社から借り入れをしていた男性らがプロミスに過払い金の返還を求めた訴訟の上告審弁論が30日、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)であった。

 書面審理が中心の最高裁が弁論を開いたことで、原告敗訴の1、2審判決が見直される可能性が出ていたが、同社側は請求を受け入れる「認諾」を表明し、判決に至らず訴訟は終了した。

 訴訟では、子会社の廃業後、親会社に過払い金の返還を請求できるかどうかが争点だった。原告側代理人によると、最高裁が弁論期日を指定した後の2月、同社側は請求額の2倍を支払うとした和解案を提示し、和解を拒否されると、請求認諾の書面を提出したという。この日の弁論で原告側は「意に沿わない判例を回避するための認諾を許せば、他の債権者が救済されない」と訴えたが、同小法廷は認諾の効力を認めた。

 プロミス広報部の話「粛々と適切に訴訟手続きをしており、不利な判決を逃れるためだと言われるのは心外だ」

(2012年3月30日23時50分 読売新聞)

プロミス、子会社への過払い金返還請求受け入れ 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/
national/news/20120330-OYT1T01213.htm

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

プロミス広報部のコメントって、チャンチャラおかしい。

「不利な判決を逃れるためだと言われるのは心外だ」と
言うのなら、正々堂々と判決を受ければいいだけ。

1審・2審では、自らの主張を通して、
プロミスは勝訴(原告敗訴)を勝ち取っているワケで、
その考え方に自信があるのなら、最高裁でも動じることは無いハズ。

基本的には、最高裁で弁論が開かれた場合には、
1審・2審の判決が見直されることが多い。

その最高裁で、いきなり「認諾」を使うということは、
「判決を回避するため」と言われても、仕方が無いかと。

しかも、その前に、和解金を2倍支払うという
「札束攻撃」を仕掛けているのもマイナス要因。

完全に「後手後手」な状態...。

まぁ、
手続き的には何の問題も無い(多分...)と思うが、
主張(やっていること)はメチャクチャ...。

私自身は、消費者金融業者に対しては、
「厳しい現状だが、ガンバレ!」と思っている。

でも、このような対応を見ていると、ガッカリする...。

プロミスは、
モラル・社会的責任について、もう一度考えてもらいたい。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年04月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロミス、SMBCコンシューマーファイナンスに社名変更へ

消費者金融大手のプロミスが、
社名を「SMBCコンシューマーファイナンス」に変更するとのこと。

しっかし、長い名前だこと。

広告・CMでは、最近は、
「これからを変える。プロミス」のキャッチコピーを連発していたが、
社名まで変えるとは...。

といっても、
「プロミス」のブランドは残るらしいので、大勢に影響は無いか?

多分、私、社名は覚えられないと思います(笑)。

三井住友フィナンシャルグループの100%子会社ですか...。

過去、幾多の会社を吸収・合併してきたプロミスが、
最終的には、自身も吸収されて銀行の子会社になるなんて、
因果応報というか、皮肉なものですねぇ...。
(3月28日で、上場廃止の予定。)

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

プロミス、今夏にも社名変更 2012/3/27 20:13

 消費者金融大手のプロミスが今夏にも社名を「SMBCコンシューマーファイナンス」に変更する。4月1日付で三井住友フィナンシャルグループ(FG)の完全子会社になることを受け、社名を変更する。「プロミス」はローン商品のブランドとして残す。

 今後、三井住友銀行との共同店舗の開設などを検討する。銀行との連携を強めて、新たな顧客層を開拓したい考えだ。

プロミス、今夏にも社名変更  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/
news/category/article/g=96958A9C93819694E0E
5E2E29B8DE0E5E2E1E0E2E3E09797E0E2E2E2;at=ALL

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

「プロミス」はそのままに、三井住友の子会社へ

 消費者金融大手のプロミスは、「SMBCコンシューマーファイナンス」に社名を変更する。

 4月1日に三井住友フィナンシャルグループ(FG)の100%子会社になるため。50年近い歴史を持つ「プロミス」のブランドは知名度が高いため、店舗の看板などで使い続ける。ロゴマークやイメージカラーは刷新する。

 社名変更は今夏に実施する方向だ。三井住友FGの消費者向け金融事業の中核会社として新たなスタートを切る。

 今後、FG傘下の三井住友銀行の拠点網を活用して連携を強める。同行を意味する「SMBC」を名前につけて銀行色を強めることで、従来とは異なる顧客層の取り込みも目指す。

(2012年3月27日14時15分 読売新聞)

「プロミス」はそのままに、三井住友の子会社へ 経済ニュース マネー・経済 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120327-OYT1T00340.htm

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年03月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。