ディック(現CFJ)|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

CFJが権利の濫用を主張するも、失当の判決

「お気に入りブログ更新情報」より。
CFJ権利の濫用は・・・判決アップ

CFJが、最近ちょくちょく主張している
「権利の濫用」に対しての判決文がアップされています。

それは、もちろん、認められませんでしたが...。

↓↓↓ 関連部分 抜粋 ここから ↓↓↓

事実及び理由

第2 事案の概要

 2 争点

 (1)本件請求は権利濫用に当たるか。

 (被告の主張)

 原告が本件取引において被告に現実に支払った利息は,164万0786円に過ぎないところ,本件請求は,169万2731円を超える金額の支払を求めるものである。

 被告は,監督官庁の検査にも合格し登録を許可されてきた金融業者であるところ,みなし弁済要件解釈の変更という司法判断に乗じて,借主が利得し,業者を破滅に追い込む過払金返還請求をなすことは,業者に予見可能性の範囲を超えた損害(財産権侵害)をもたらすものであって,社会的許容され得る権利侵害の限界を超える部分は,権利の濫用として許されないというべきである(民法1条3項)。

 そして,過払金返還請求事件において,社会的に許容されうる権利侵害の限界については,最大でも予定されていた利息収入の20パーセントであると考えられるところ,本件においては,約定未収金を差し引けば,8万6435円を原告に返還することにより利息収入の20パーセントを超えてしまうため,それを超えてさらなる支払を求める本件請求は,権利濫用に当たり,同金員を超える部分は棄却されるべきである。

 (原告の主張)

 被告の主張は争う。

第3 判断

 1 争点(1)(本件請求は権利濫用に当たるか。)について

 本件請求は,制限超過部分を元本に充当すると過払金が発生しており,かつ,被告は過払金の取得が法律上の原因を欠くものであることを知っていたとして,不当利得返還請求権に基づき,過払金及び民法704条前段所定の利息の支払を求めるものである。

 同種事件における各最高裁判決は,貸金業法43条の適用要件を厳格に解し,もって利息制限法の趣旨を全うすることを指向するものと解される。

 そして,当裁判所も,利息制限法の趣旨を尊重する観点から,本件請求が,被告が本件取引において取得した利息を超える額になったとしても,同請求は権利濫用に当たるものではないと考える。

↑↑↑ 関連部分 抜粋 ここまで ↑↑↑

被告の主張では、過払い金返還請求に対しての恨み節と、
意味不明な「20%」の展開が印象的。

まぁ、ヘリクツとしか思えないのですが、
「ゼロから、無理やり持論を展開する力」については、
ある意味「さすがですねぇ」と。

不利な状況でも「折れない心」を持つことは大切だとは思いますが、
これは、完全に悪あがきに過ぎません...。

詳しい解説と判決のPDFファイルは、
CFJ権利の濫用は・・・判決アップ」でご確認ください。

え〜と、コレは毎度毎度思うことなのですが、
司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪」さんは、
貴重な情報(判決)をアップしてくれて、感謝感謝です。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
タグ:CFJ
posted by 過払い太郎 at 2012年04月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディック(現CFJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFJへの仮執行&今後の展開は?

お気に入りブログ更新情報より。
CFJへの仮の執行成功! 全額回収する

本件は、不動産ローンですが、
全面勝訴した後、仮執行で全額回収したとのこと。

基本的に、貸金業者は仮執行(強制執行)を嫌がりますので、
判決後には、素直に支払うことが多いです。

それなら、訴訟をする前に支払ってくれ!と思うのですが、
まぁ、その辺は、
「訴訟は手続き的なモノ」と割り切るしかありません...。

しかし、
業者によっては、開き直って何もしない場合があります。

強制執行を受ける・受けないという話は、
信用問題に関わってきますが...。

計画的なのか?本当に切羽詰っているのか?

判断は難しいのですが、正直、あまり良い傾向ではありません。


それに対する考察の1つとして、
再び、お気に入りブログ更新情報より。
CFJは同業他社とは異なる経過を辿って結末を迎えるのか?

まぁ、
過払い金返還請求の対応も、日々、変わってきていますから、
「ありえるかも?」と準備をしておくことが大切で、
必要以上にネガティブに考えることは無いと思います。

ただ、何事もそうですが「一寸先は闇」ですので、
その時々で、しっかりと判断することが大切かと思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年12月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディック(現CFJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFJ 過払い元金の約9割を11月中に返金

お気に入りブログ更新情報より。
CFJ、早期の返金で和解

対CFJへの過払い訴訟で、
過払い元金の約9割を11月中に返還ということで、
数件和解が成立とのこと。

理由はよくわかりませんが、早めの返還は望むところ。

9割というところがビミョーですが、
満額を狙ってダダこねられるくらいなら、
その辺で譲歩したほうが、ベターかと思います。

なんて、偉そうなことを言っていますが、
私の対CFJの返還率を計算してみたところ、約7割でした。

ヘタレ過ぎます...。

そういえば、
CFJは過払い金返還請求で、最後に残った1社で、
そのときに、
「さっさと終わらせたい」という気持ちが強くなって、
CFJからの和解案を呑んだんですよねぇ...。

交渉ごとで、冷静さを欠いたらダメですなぁ...。

反省...。

「ブレない心」って、言うのは簡単ですが、
それを実行するとなると、やっぱり、いろいろ大変ですねぇ。

また、
状況は人それぞれですので、例え9割提示だったとしても、
それでOKの人もいれば、絶対無理な人もいるハズです。

本人請求の場合には、すべて自分自身の判断になりますので、
自由が利く分、判断に迷いが出るときもあると思いますが、
周りの雑念に負けることなく、しっかりと判断していただきたいです。

また、
代理人交渉の場合には、しっかりと意思の疎通を図って、
ご自身の状況・代理人報酬等を加味した上で、判断してください。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年11月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディック(現CFJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFJ(旧ディック)の情報収集

またまた、久しぶりに、CFJ(旧ディック)の情報収集を。

しかしながら、これまた何も出てきませんでした...。
(って、最近このパターンばかりですね(笑)。)

まぁ、出てこなかったというよりも、
「変わっていない」と言った方が正解かもしれません。

任意の和解では、満足できる金額を提示してこないというのは、
CFJだけでなく、ほとんどの業者に言えることなのですが、
その考え方は、メチャクチャ「アメリカ的」です。

訴訟大国「アメリカ」の血が入っていますので、
裁判においては、とにかく自分の考えを主張してきます。

たとえ、その主張がメチャクチャであったとしても、
ナンダカンダと理由(悪く言えば、屁理屈)をつけてきます。
(裁判戦術としては、ある意味正当な行為ですが...。)

訴訟になれば、CFJに限らず、アコムやプロミス等でも、
いろいろ言ってくるワケですが、ちょっとレベルが違います。

私も経験しましたが、ドカッ!と、
数ページではなく、数十ページの準備書面を出してきます。

しかし、
言っていることは、他社とほとんど変わらないので、
反論自体はやりやすいと思いますが、
「裁判資料独特の言い回し」に加えて、
CFJの「こねくり回し理論」が炸裂するので、
ど素人が解読するのには、ちょっと苦労すると思います。

ただ、最初から、
「いろいろ言ってくる」「分厚い準備書面が届く」という
心構えがあれば、気分も違ってくると思います。

現状は、判決まで行けば、素直に払うようですので、
あせらずじっくりと対応していくのがポイントかと思います。

う〜ん、やっぱり、上手くまとまりませんねぇ...。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年02月06日 | Comment(2) | TrackBack(0) | ディック(現CFJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFJのムチャクチャな主張

お気に入りブログ更新情報より。
弁済したのは母親だから、過払い返還を拒否!CFJの場合

借金を返済したものの、
そのお金は、他人(今回は母親)から借りたものなので、
本人に、過払金を返還する必要はないという、
CFJのムチャクチャな主張。

もちろん、そんな主張が通るハズもなく、却下されましたが、
「陳述書」作成という一手間が必要となりました。

CFJは、
何かにつけて、イチャモンをつけるというイメージがありますが、
キチンと対応すれば、問題は無いという良い例だと思います。

個人的には、100万歩譲って、本人に返還できないのであれば、
立て替えた他人(今回は母親)に返還するのがスジかなぁ〜と。
(↑どちらにしても「過払金は返還してください」ということです。)

まぁ、主張するのは自由(被告の権利)ですが、
「無駄な主張」はやめてもらいたいですね。

さらに厳しい言い方をすれば、
「主張」ではなく「訴訟遅延行為」ではないかとも思います。

「遅延行為」をすれば、裁判官への心証が悪くなるので、
良いことは何もないと思うのですが、台所事情が厳しいので、
「背に腹は変えられない」といった感じでしょうか...。

本当に優秀な企業は、
「クレーム処理」に関しても、キチンと対応してくれますし、
その方法によって、企業の良し悪しが分かりますが、
金融業者は、お世辞にも「良い」とは言えません...。

まぁ、金融業者からみれば、
過払金返還請求をする人は「見込みのない客」なので、
その部分において、コストカットするのは、
経営方針としては正道かもしれませんが、
「アフターフォロー」はキチンとするべきだと思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年11月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ディック(現CFJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。