アコム|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

アコムとの調停

もちろん、私のことではありません(笑)。

「お気に入りブログ更新情報」より。
調停
調停2
調停3

アコムへ本人請求で提訴した テツヤ さんですが、
調停に回されてしまったという話です。

雰囲気としては、訴訟時の和解交渉と同じような感じで、
ポイントとしては、
1.自分の希望(意思)をハッキリと主張すること
2.調停の提案があったときには拒否すること
といったところでしょうか。

1.については、
訴訟でも、調停でも、任意の和解交渉でも同じだと思いますが、
自分自身で納得できる金額をシッカリと主張することが大切です。

と、まぁ、偉そうに書いていますが、
ブレまくったヘタレな私では、説得力はゼロですねぇ(笑)。

テツヤ さんも、途中、
ぐらついていましたが、何とか踏ん張って、主張をキープ。

本人請求では、金額交渉が一番難しいところです。

慣れていないことへの緊張感もあり、
主張を貫き通すタフネス(精神力)が要求されます。

基本的に、
和解交渉で提示される金額で納得できるケースは稀でしょうから、
消費者金融業者や裁判所等の、
和解で何とかまとめようとする人たちに対して、
遠慮することなく自分の意思を通すことは、結構大変な作業です。

ボーダーラインの金額をメモしておいたり、
シュミレーションしておいたりと、準備が大切かと思います。

2.については、
調停に移行するかは、自身では決められない部分ではありますが、
その話が出てきたときには、拒否する姿勢を見せることが大切かと。

ただし、闇雲に「イヤです」と言っても、説得力はありませんから、
こちらの希望と相手の提示がかけ離れていることや、
調停になったとしても、条件(金額)を緩和する気持ちはないこと等、
キチンと説明することが大切かと。

まぁ、それでも、調停になってしまったら、
コレはコレで仕方がないので、粛々と手続きをするしかありませんが。

過払い金関係の他のブログでも、
調停になったという話は、ちょくちょく出てきますが、
本人請求で調停の様子をエントリーしているブログは少ないので、
とても貴重な情報かと思います。

あと、
アコムの和解金額の提示に関するゴタゴタについては、
「開いた口が塞がらない」と言う感じです。

心証を良くしようと、上手く切り返したつもりか、
本当に事務連絡にミスがあったのかは分かりませんが、
対応としては、ヘタクソ過ぎます...。

まぁ、アコムの担当者からすれば、膨大な過払い金返還業務の中で、
テツヤ さんは、過払い金返還請求者の1人にしか過ぎず、
案件をこなすために、やっつけ仕事的になるのも、
分からないこともないのですが、それではダメなんですよね...。

もう少し、キチンと対応してもらいたいものです。

さてさて、気になる結果は、下記ブログでご確認ください。
過払い請求を初めて自分でやってみた

何はともあれ、より良い結果となることを、切に願っています。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年10月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコムが2年債発行へ

武富士の情報収集をしていたら、アコムがヒットしました(笑)。

え〜と、正直言って、私、
「消費者金融債って何?」というレベルなので、
良いのか悪いのか、さっぱり分かりません(笑)。

「資金繰りに困っているから発行する」という見方もできますし、
「ある程度信用されているから発行できる」という見方もできます。

う〜ん、細かいことはよく分からないのですが、
銀行から借り入れるよりも、消費者金融債を発行するほうが、
アコムにとっては「得」なのかなぁ〜と。

アコムの母体は「三菱東京UFJ銀行」なので、
そのパイプを使えば、もっと「うまく」やれそうな気がしますが、
凡人には理解できないプロセスがあるのでしょう...。

ちなみに、思いっきり脱線しますが、今の今まで、
「東京三菱UFJ銀行」だと思っていました...。

私、田舎者なので、メインバンクは、地元の地銀で、
俗に言う「メガバンク」との取引は一切無し。

なにやら、過去、合併を繰り返してきたとか。

東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して誕生した銀行が、
「三菱東京UFJ銀行」って...。

素直に「東京三菱UFJ銀行」でいいのでは?と。
「いやがらせ」ですか?と(笑)。

多分、ニュースでは耳にしているハズなのですが、
ほとんど関係(興味)なかったので、「アウトオブ眼中」でした。

これじゃぁ、イカンですねぇ〜。反省反省...。

まぁ、何はともあれ、
これで、少しでも良い方向に向かってくれると嬉しいのですが...。

当初は、3月起債を考えていたということで、
プロジェクト自体は進行していると思いますので、
正式なアナウンスを待ちたいと思います。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

武富士破たん以来初の消費者金融債、アコムが2年債発行へ (1)

 5月24日(ブルームバーグ):2010年9月に武富士が破たんして以来初となる消費者金融債が近く発行される見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにしたところによると、アコムは2年債の発行準備を再開。発行額は100億円程度で、条件決定は今週後半を予定している。

 主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券による投資家の需要調査では、発行金利の上下幅が、円スワップレートに320ベーシスポイント(1bp=0.01%)から340bp上乗せした水準。償還年限の近い13年6月満期の6年債流通利回りは、このところの市場の需給改善で23日には334bpまで低下した。10年1月に発行した2年債の上乗せ金利は同290bpだった。

 アコムは、東日本大震災後の市場の混乱で、3月の起債を一時延期していた。5月からは、投資家が社債全般に求める金利の上乗せ幅が縮小傾向を鮮明になっている。CMAニューヨークによるアコム債の5年間保証コストも1年ぶりの低水準となっている。

 みずほ証券の野村朗クレジットアナリストは、大震災の影響で社債市場では供給が限られていたため、今後は投資家の需要が見込まれ、企業が起債をしやすくなると指摘。また、4月の利息返還請求件数が低下したことも起債環境の改善につながっているとみている。

 アコムの大澤正人広報担当は、今回の起債について「検討しているのは事実」と認めたが、詳細についてはコメントを控えた。

武富士破たん以来初の消費者金融債、アコムが2年債発行へ (1) - Bloomberg.co.jp
http://www.bloomberg.co.jp/
apps/news?pid=90920009&sid=axYfAkybkJ4M

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年05月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコムとプロミスを格下げ

アコムとプロミスを格下げ

ちょっと古いですが、
マイコミジャーナルより、感じたことを少々。

S&Pは、
アコムのカウンターパーティ格付けの1段階引き下げを発表。

一格付け会社の評価に、一喜一憂するワケにはいきませんが、
それでも、引き下げられると、ちょっとガッカリしますね。

まぁ、私は格付け会社に馴染みは無いので、
あまり深く考えないようにしたいと思います(笑)。

といっても、過払い金返還請求という嵐の中、
アコム・プロミスだけでなく、
金融業界全体が非常に厳しい状況には、変わりありません。
(格付けも、その辺を加味した結果となっています。)

まぁ、アコム・プロミスに関しては、
バックアップ会社もしっかりしているので、
すぐにコケるということは無いと思いますが、油断はできません。

格付け会社の評価は、
業者の財務状況を確認・分析するという意味では、
非常に有益な情報だと思います。

何が起こるかわからない世の中ですので、
できる限りの情報収集をして、フレキシブルに対応したいですね。

↓↓↓ ここから ニュース ↓↓↓

スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)は11日、アコムの長期カウンターパーティ格付けを「BBB-」へ、短期カウンターパーティ格付けを「A-3」にそれぞれ1ノッチ(段階)引き下げた。同時に、プロミスの長期カウンターパーティ格付けを「BB」へ2ノッチ、短期カウンターパーティ格付けを「A-3」から「B」へ1ノッチ引き下げた。

両社の長期優先債券の格付けも、各社の長期カウンターパーティ格付けと同水準に引き下げた。両社の格付けは、武富士(格付けなし)の会社更生法申請に伴い利息返還請求が増加する可能性などに鑑み、2010年9月29日以降、格下げ方向の「クレジット・ウォッチ」に指定されていたが、今回の格下げとともにすべて解除した。両社の長期カウンターパーティ格付けのアウトルックは「ネガティブ」。

格下げは、各社が属する銀行グループからの非日常的な特別支援の可能性を加味する前の単体ベースの信用力評価(スタンドアローン評価)を、アコムについては1ノッチ、プロミスについては2ノッチ、それぞれ引き下げた結果。各社の営業貸出金残高の減少幅が拡大している上、高水準の過払い利息返還が継続していることから、「収益性やキャッシュフローへの下方圧力が、S&Pの従来の想定よりも長期化する可能性が高まった」と判断した。

S&Pによると、現在のところ、総量規制を背景とする貸し倒れの目立った増加はないが、利息返還請求やその先行指標は、2010年9月末の武富士の会社更生法申請を機に、再び増加傾向に転じた。武富士が利息返還請求権のある顧客130万人に対して、債権を届け出るよう個別に通知するとの報道があり、「実行されれば他社への利息返還請求を相応に誘発することが見込まれる」(S&P)。

利息返還請求の増加傾向が長期化するかは現時点で不明だが、営業収益の減少幅が大きいため、「貸し倒れや利息返還の発生を勘案すると、事業からのキャッシュフローの実質的な赤字が来2012年3月期も続く可能性が高い」(S&P)。

一方、S&Pでは、両社の資金調達基盤は引き続き、各銀行グループによって支えられているとみている。アコムの資金調達基盤は、「同社株の40%を所有する三菱UFJフィナンシャル・グループからの直接的な与信や、同グループの信用力によって支えられている」(S&P)。アコムは同グループの連結子会社となって以降、グループ内の他企業から同社への事業集約が進み、グループの消費者金融事業の中核子会社としての位置付けが明確になっている。

また、プロミスの資金調達基盤は、「同社株の22%を所有する三井住友フィナンシャルグループの信用力に下支えされている」(S&P)。プロミスは三井住友FGの持ち分法適用会社だが、グループの事業戦略上、重要な位置付けにあり、銀行グループ出身の社長のもと事業構造改革に取り組み、銀行との協業関係が維持されている。ただし相対的にみて、事業キャッシュフローの見通しが弱く、返済や借り換えの負担が重いとみられることに鑑み、財務基盤が不安定化しやすいとの見方から、「スタンドアローン評価の引き下げ幅を2ノッチとした」(S&P)としている。

S&P、アコムとプロミスを格下げ ライフ マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/12/066/

↑↑↑ ここまで ニュース ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年02月03日 | Comment(2) | TrackBack(0) | アコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコムVS司法書士

いつも参考にしているブログより。
司法書士Luna VS アコム担当者

担当者を完膚なきまでに叩き潰した、司法書士のエントリーです。

いや〜、スカッとしました(笑)。

交渉は「強気でOK」と、改めて感じます。

ケースバイケースなので、同じようには行きませんが、
交渉の方針としては、とても勉強になると思います。

まぁ、もちろん、相手の攻撃(口撃)を打ち破るには、
それなりの勉強は必要ですが、簡単なので問題は無いと思います。

はぁ〜、つくづく、過去のヘタレな交渉が情けないです...。

現在、過払い返還中の方は、
後悔しないように、ビシッと決めちゃってください。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年07月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | アコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコム訴訟 余った予納切手の受領書を提出

本日、裁判所から、
アコム訴訟で余った予納切手が返送されてきました。

昼過ぎに、裁判所へ行って、受領書を提出。

「訴えの取下書」を提出してから約2週間、
アコムが同意書を提出したのか、
提出後2週間経ったので自動的に同意とみなされたのかは、
こちらでは分かりませんが、
これで、アコムに対する過払い金請求は終了です。

こちらの請求どおり、
過払い金と5%利息をあわせて、
11,000円(満額の端数カット)となりましたが、
訴訟費用は丸被りとなりました...。

今思うと、若気の至りと言うか、
和解交渉のヘタクソ加減にウンザリします(笑)。

まぁ、良い勉強になりました。

残りの案件も、
1つ1つ確実に、こなしていこうと思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年02月25日 | Comment(4) | TrackBack(0) | アコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。