クラヴィス|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

クラヴィスが自己破産 その2 合併・提携等遍歴のまとめ

クラヴィスは合併・提携等を繰り返していて、
チョットややこしくなっています。

で、それをまとめようとしたのですが、筆力不足で断念...。

ということで、まとめは、wikiに任せることに(笑)。

でも、コレではあまりにもヒドイので、
せめて、出てくる社名だけでも一覧にしてみようかと。

・リッチ株式会社(設立時)
・プロミス株式会社(リッチ株式会社を傘下に)
・株式会社シンコウ(合併)
・東和商事株式会社(合併)
・株式会社ぷらっと(リッチ株式会社から商号変更)
・株式会社クオーク(現セディナ)(提携)
・株式会社クオークローン(株式会社ぷらっとから商号変更)
・株式会社タンポート(株式会社クオークローンから商号変更)
・ネオラインキャピタル株式会社(現クロスシード)
・株式会社クラヴィス(株式会社タンポートから商号変更)
・ネオラインホールディングス株式会社

いやぁ〜、ゴチャゴチャし過ぎで、正直、よく分かりません...。

ここまで、コロコロと社名が変わってしまったら、
訴状の記載もチョット大変だなぁ〜と。
(ある意味、これも作戦の1つか?)

まとめになっていないまとめでスミマセン...。m(_ _)m

詳しくはwikiでご確認ください。

↓↓↓ Wikipediaより 抜粋 ここから ↓↓↓

概要
1975年7月18日に、リッチ株式会社として設立。プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)傘下となった後、他社と合併し株式会社ぷらっととなる。

その後、プロミスがSMBC系列になったことから、株式会社クオーク(現セディナ)と提携し、2005年6月13日に商号を株式会社クオークローンに変更する。しかし、後に提携を解消している。2007年6月1日から新規の申込受付を中止し、債権を親会社であるプロミス及び同社の子会社であるパル債権回収株式会社に譲渡(一部を除く)。同年9月28日を以て全店舗を閉店し、同年12月1日に商号を株式会社タンポートに変更している。

与信申込はプロミスの自動契約機からも可能であることから、「プロミスと契約中の者でも、プロミスの自動契約機から、プロミスとは別の独自審査が受けられる」旨をアピールしていた。

クオークローン時代は、四国ではサンライフとグループ内で競合していた。クオークローンとサンライフはプロミスよりも高い金利(出資法の上限いっぱいの29.2%。プロミスは25.5%)を取ることで事業を成り立たせていたが、グレーゾーン金利の撤廃が具体化したことから事業継続が不可能と判断された。社員のほとんどがプロミスならびにプロミス関連企業へ出向していた。

その後、2009年4月に、両社の株式と、両社からプロミスやパル債権回収に譲渡された債権を、ネオラインキャピタルに売却(株式の売却額はそれぞれわずか1円で実質無償譲渡に近い。債権207億円の売却額は約94億円)し、ネオラインキャピタルの子会社となり、5月に現在の株式会社クラヴィスに商号変更している。なお、過払い訴訟において過払い金の返金が出来ず破綻状態になっており債権者より破産の申し立て等が検討されている。2012年1月30日ネオラインホールディングスは全株式を第三者に譲渡した。

2012年7月5日午後5時、大阪地方裁判所において自己破産の申し立てを行い、同日破産手続開始決定を受けた。

沿革
1975年(昭和50)7月18日 - リッチ株式会社設立。
2000年(平成12)5月19日 - 株式交換し、プロミス株式会社の子会社となる。
2002年(平成14)4月1日 - 株式会社シンコウ[1]及び東和商事株式会社[2]を吸収合併し、商号をリッチ株式会社から株式会社ぷらっとに変更。
2005年(平成17)6月13日 - 商号を株式会社クオークローンに変更。
2007年(平成19)9月28日 - 貸金業関連法改正の影響を受け、全店舗閉店。
2007年(平成19)12月1日 - 商号を株式会社タンポートに変更。
2009年(平成21)4月1日 - 親会社のプロミスが全株式を譲渡したことにより、ネオラインキャピタル株式会社の子会社となる。
2009年(平成21)5月1日 - 株式会社クラヴィスに商号変更。
2012年(平成24)1月31日 – ネオラインホールディングス株式会社(ネオラインキャピタル(現クロスシード)の親会社)がクラヴィスの全株式を第三者に譲渡しネオライングループから離脱。
2012年(平成24)7月5日 - 大阪地方裁判所に自己破産を申し立て、同日破産手続開始決定。

クラヴィス (貸金業) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/
wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9
_(%E8%B2%B8%E9%87%91%E6%A5%AD)

↑↑↑ Wikipediaより 抜粋 ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年07月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラヴィス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラヴィスが自己破産 その1 破産手続き開始

「お気に入りブログ更新情報」より。
クラヴィスの情報(破産手続き開始決定!「債権者約46万人に対し、約3268億8700万円(過払い請求金約3219億6700万円含む)」今年2番目の大型倒産・・・)+国会事故調報告書+α

クラヴィスが大阪地方裁判所へ
自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けたとのこと。

株式会社クラヴィスオフィシャルサイト
破産手続開始等の通知書

ネオライングループとの資本提携解消以降、
「怪しい」「危ない」と言われ続けていたクラヴィスですが、
予想通りというか、案の定というか、自己破産となりました。

ちなみに、今年2番目の大型倒産だそうです。

で、
大阪(8/29)・東京(9/5)で債権者説明会が開催されるとのこと。

債権者説明会開催のお知らせ

■大阪会場
開催日:平成24年8月29日(水)
開催時間:午後2時
開催場所:大阪中央公会堂 大集会室

■東京会場
開催日:平成24年9月5日(水)
開催時間:午後4時
開催場所:日本青年館 大ホール

う〜ん、1ヶ月以降も後の話ですか。

遅いですねぇ...。

で、
今後の対応方法は、下記ブログをご覧ください。

新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌
株式会社クラヴィスが破産手続開始決定(平成24年7月5日)

で、
このエントリーの中で、印象に残った部分。

↓↓↓ 抜粋 ここから ↓↓↓

これまでクラヴィスに請求されるがままに返済していた人で既に過払いになっている方が多いと思われます。現時点での返済はクラヴィスの口座を閉鎖しているので返済ができないと思われます。今後のお支払いについてのお願い。に記載があるとおり、ある日突然口座が閉鎖され、「あなたは過払債権者だからこれ以上返済の必要がない。」と言われたところで今まで請求されていて督促が嫌だったから返済していたのに、実はあなたは過払いでした・・・と、さすがにそれは無いだろうと思います。

↑↑↑ 抜粋 ここまで ↑↑↑

同感です。

過払い金返還請求の認知度が高くなり、
なおかつ、プロである消費者金融業者が、
「過払いを知らない」「過払いかどうかわからない」
なんてあるハズがありません。

クラヴィスに限らず、消費者金融業者には、
「知らないのなら黙っておけ」というような風潮が、
今でもあります。

そんな不誠実な対応が、
マイナスイメージを助長させている遠因かと。

もっと、真摯に対応してもらいたいものです。

まぁ、グチっても仕方がありませんので、
やれることをキチンとして、出来る限り回収するしかありません...。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

消費者金融「クラヴィス」破産 債権者46万人

 消費者金融会社「クラヴィス」(大阪市都島区)は5日、大阪地裁に自己破産を申し立て、同地裁は破産手続きの開始を決定した。破産管財人に選任された弁護士が明らかにした。債権者は約46万人、負債総額は約3268億円で、このうち約3219億円が過払い利息の返還債務。

 破産管財人によると、破産手続きに入った消費者金融会社の債権者数では、武富士(会社更生手続き中)などに続き全国で4番目、関西では最大の規模となる。クラヴィスは2007年12月に貸金業登録を廃止し、債権回収を進めてきたが、貸付先からの過払い金返還請求が相次ぎ、資金繰りが困難になったのが原因という。

 同社は1975年に消費者金融「リッチ」として設立され、02〜05年には「ぷらっと」、05〜07年は「クオークローン」の商号で貸金業を行っていた。破産管財人主催の債権者説明会は8月29日に大阪市で、9月5日に東京都新宿区でそれぞれ開かれる。

 問い合わせは、同社破産管財人室コールセンター(06・6356・3386)。


 クラヴィスの破産手続きの開始決定を受け、大阪弁護士会は12日午前10時〜午後4時、緊急電話相談窓口(06・6364・7681)を開設、同社への債務や過払い金に関する助言を行う。

(2012年7月6日 読売新聞)

消費者金融「クラヴィス」破産 債権者46万人 ニュース 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://osaka.yomiuri.co.jp/
e-news/20120706-OYO1T00364.htm

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年07月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラヴィス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。