NISグループ(旧ニッシン)|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

NISグループが民事再生法の適用申請 その3 配当実施 配当率は約3.5%

「お気に入りブログ更新情報」より。
【貸金業者の対応】NISグループ配当手続へB
破産者NISグループの配当が始まる

NISグループオフィシャルサイト

↓↓↓ HP 一部抜粋 ここから ↓↓↓

【配当について】
 振込送金依頼書の返送を頂いている債権者に対して、
 特段の支障がなければ、5月下旬から6月上旬にかけて、
 順次、送金手続を実施する予定です。

↑↑↑ HP 一部抜粋 ここまで ↑↑↑

配当率は、約3.5%だそうです。
仕方が無いとはいえ、何とも歯がゆい数字。

まぁ、
今さら言ってもどうしようもありませんが...。

せめて、
債権者にはキッチリ送金されることを、切に願っています。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2013年05月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | NISグループ(旧ニッシン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NISグループが民事再生法の適用申請 その2 債権者説明会開催&民事再生手続開始決定

今月15日(東京)・16日(大阪)に債権者説明会が開催されました。

NISグループオフィシャルサイト
債権者説明会 配布資料

債権者への支払はストップされ、再生計画に基づいて弁済されます。

過払い金に関しては、訴訟中の案件はもちろん、
和解等で支払が合意している案件についても、ストップ。

過去の例からいくと、弁済率は数%になると思われますので、
コケたことで、否応無しに数十分の一に減額されることになります。

コケる前後で、雲泥の差が出るワケです...。

これが「過払い金返還請求は急いで!」と言われる所以でしょう。

対象者の方へは「お気の毒です」としか言えませんが、
なってしまったモノは仕方がないので、
今後は、手続き等できることはしっかりやって、
少しでも多く回収できるように、対応してください。

あと、コレはいつも思うことなのですが、
コケた場合には、返還請求をしていなくても、
引きなおし計算をして、過払い金があれば弁済してくれますが、
自主的に計算・弁済してくれるのなら、コケる前からしてくれと。

過払い金返還請求の有無やタイミングによって、
弁済額が変わってくるというのは、
仕方がないとはいえ、チョットやるせないです...。

で、債権者説明会が開催された翌日の17日には、
民事再生手続開始決定。

NISグループオフィシャルサイト
民事再生手続開始決定のお知らせ

民事再生手続きの申し立て(同日受理)をしたのは、
9日ですから、1週間ほどで決定。

はやっ!!

↓↓↓ 民事再生法による今後の予定 ここから ↓↓↓

@ 財産評定書・報告書(民事再生法124 条、125 条)の提出期限 平成24 年7 月13 日
A 再生債権の届出期間 平成24 年9 月14 日まで
B 認否書の提出期限 平成24 年9 月28 日
C 再生債権の一般調査期間 平成24 年10 月9 日から平成24 年10 月19 日まで
D 再生計画案の提出期限 平成24 年10 月30 日
(注) 上記日程につきましては、今後の手続の進行により変更となる可能性があります。

↑↑↑ 民事再生法による今後の予定 ここまで ↑↑↑

債権者の方は、
再生債権の届出期間が平成24年9月14日ですので、
当面は、それをメドに対応していくことになるかと思います。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年05月21日 | Comment(0) | TrackBack(0) | NISグループ(旧ニッシン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NISグループが民事再生法の適用申請 その1 民事再生法の適用を申請

「お気に入りブログ更新情報」より。
NISグループ[旧ニッシン]の情報(民事再生法の適用を申請!)「負債,約508億!(昨年末時点)」[上場廃止日は,6月10日]

NISグループ(旧ニッシン)が東京地方裁判所へ
民事再生手続きの申し立て(同日受理)をしたとのこと。

NISグループオフィシャルサイト
民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

上場企業でもコケる時はコケるんですよねぇ...。

コレはいつも思うことですが、
従業員を路頭に迷わす、経営陣の責任は重いと。

現在、紛争中の過払い金返還請求訴訟は全て中断。

判決や和解等で支払い待ちの場合でも、
再生計画が出るまでは、支払われることはありません。
(しかも、かなり減額されるかと。)

今月15日(東京)・16日(大阪)に債権者説明会が開催されますので、
今後については、そこで、何らかのアナウンスがあるかと思います。

債権者説明会開催のお知らせ

で、Q&Aから気になることが。

↓↓↓ 民事再生手続開始の申立てに関するFAQより抜粋 ここから ↓↓↓

4 訴訟手続又は強制執行手続に関するご質問

Q1 NISグループ鰍ノ対する過払金返還訴訟は今後どうなるのか。
A1 民事再生手続開始決定がなされた場合には、弊社に対する過払金返還請求訴訟を含む訴訟手続は中断します。

Q2 NISグループ鰍ノ対する強制執行は今後どうなるのか。
A2 包括的禁止命令が発令されたことにより、弊社の財産に対する新たな差押え・仮差押え等の手続は禁止され、また、既になされていた差押え・仮差押え等の手続は中止されます。

Q3 NISグループ鰍ゥら貸付金返還訴訟を提起されているが、今後どうなるのか。
A3 弊社が原告となっている訴訟については、民事再生手続開始の申立て・開始決定により当然に中断することはありません。

↑↑↑ 民事再生手続開始の申立てに関するFAQより抜粋 ここまで ↑↑↑

過払金返還請求訴訟は中断するのに、貸付金返還訴訟は続行って、
「自分勝手な都合の良い話しだなぁ〜」と。

ちょっと、カチン!ときました(笑)。

民事再生手続開始の申立てに関するFAQ

あと、
ネオラインホールディングスが資本・業務提携を解除したとのこと。

ネオラインホールディングスオフィシャルサイト
NISグループ株式会社との「資本・業務提携に関する基本合意書」の解除について

偏見だとは思うのですが、
ネオラインホールディングスと繋がっていたということは、
あまり良いイメージはしないですねぇ...。

NISグループと取引があった方は、
慌てても仕方がありませんので、落ち着いて冷静に対応してください。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

[東京 9日 ロイター] NISグループ(8571.T: 株価, ニュース, レポート)は9日、民事再生手続きの申し立てを東京地方裁判所に行い、同日受理されたと発表した。金融サービス事業の環境の悪化に加え、銀行からの借入金の延長や大口債務再建者との事業再建築の合意に至らず、債務超過に陥ったため。
負債総額は、約500億円。

東証は9日、6月10日付で上場廃止にすると発表した。9日から整理銘柄に指定される。

NISが破綻、負債総額500億円で6月10日付上場廃止 ビジネスニュース Reuters
http://jp.reuters.com/
article/businessNews/idJPTYE84805020120509

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年05月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | NISグループ(旧ニッシン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。