プライメックスキャピタル(旧キャスコ)から返金|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

プライメックスキャピタル(旧キャスコ)から返金

と言っても、私のことではありません。
(毎度毎度のことでスミマセン。m(_ _)m)

「お気に入りブログ更新情報」より。
続報

京都寺町法律事務所」さんが、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)から、
2つの案件で、お金を返してもらったとのこと。

↓↓↓ HP 一部抜粋 ここから ↓↓↓

1 プライメックスキャピタル(旧キャスコ)に対する過払い返還請求について
 期間限定で、依頼を希望される方がどれだけいるか確認しています。
 一定数に達し、費用が捻出できるようであれば、ご依頼をお受けさせていただきます。過払いなんだから、取り返した後で、ということであれば、ご希望に添えずに申し訳ありません
 通常の民事事件に準じて、費用を請求させていただきます。請求額の8%+消費税だと思っていただいて間違いないと思いますが、300万円を超える分には別の計算方法になりますので、詳細はお問い合わせ下さい。

 ご注意下さい 
 プライメックスキャピタルについても、その他の業者についても、「それだけ」の依頼は集団にして1回切りです。
 様子を見て頼めば良いという手法は無理ですので、あらかじめお知らせしておきます。
 時間が経過するほど、相手方の経済状況は悪くなっていきますので、後になるほど、残念な結果になりやすくなります。ところが、様子を見て、という人は悪くなってから結果が出たときの状態を求めるので、トラブルになりやすいのです。


 一応、自分のブログ、このHPをご紹介頂いているブログにも説明のとおり、プライメックスキャピタルに対する一番最近の事例では、通知だけでお金を返してくれたようです。

 サルに出来て私に出来ない事と言えば、金のために依頼者を裏切ることと、たいした能力もないのに、自分が第一人者だと大風呂敷を広げることくらいしか思いつきませんが、私に出来てサルに出来ないことはたくさんあります。本件の解決事例もその一つだと思います。

↓↓↓ (注) ここから ↓↓↓

HPでは、ここから数枚、画像が表示されています。
コピペ(画像保存)で表示しようかと思ったのですが、
いろいろ考えて、割愛させていただきます。

詳しくは、「京都寺町法律事務所」でご確認ください。

↑↑↑ (注) ここまで ↑↑↑

とりあえず、キャスコことプライメックスキャピタルとの現状につき最新の情報に更新します。平成25年4月24日請求分については、5月2日に返還がありました。
お詫びと訂正があります。遅延損害金につき、請求時ではなく支払時までの遅延損害金まで払うので、変更して請求して欲しいと要求されたのは最初の平成20年判決の分で19年からの遅延損害金でしたので、6年弱です。もう一つの、一旦公正証書に基づく差押がなされた方は、裁判を回避した経過が怪しかったので、取引終了から7年経過していながら、取引履歴を出すよう要求し、確認したところ、やはり当時の残高で公正証書を作っていたので、不当利得返せ、ついては別件の支払日に併せるよう、と要求したら、そのまま払ってきました。これが、請求から1週間なので、最短記録レコードです。
ついでに7年間(弱ですが平成18年から25年)までの遅延損害金付けて、というのはこちらの事例の方です。
で、両方の請求を合算すると、当職の預り金口座の5月2日のプライメックスキャピタルからの振込金額と合致するということになります。

↑↑↑ HP 一部抜粋 ここまで ↑↑↑

最短1週間ということにも驚きましたが、
訴訟に持ち込むことなく、
請求だけで解決したということに、さらにビックリ!

どんな方法で解決したのか興味はありますが、
そこは「企業秘密」でしょうから、深追いはしませんが。

本件は、
プライメックスキャピタル(キャスコ)に対して、
手をこまねいている(どうしようか考えている)人にとっては、
明るいニュースかと思います。

これを機に、
向上心(責任感)のある専門家(弁護士・司法書士)が
続いてくれることを期待していますが...。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2013年05月05日 | Comment(5) | TrackBack(0) | キャスコ(現プライメックスキャピタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
通知だけでの返還はもう、ノウハウでもなんでもなくて、キャスコが、この弁護士には返した方が良いと考えただけなんでしょう。誰がやっても同じ結論になる訳ではなく、むしろ、これまでの積み重ねによる弁護士の看板によるものではないでしょうか。
地道な努力の積み重ねが大きな違いをもたらすことの例だと思います。
にも関わらず楽して金儲けしたいと考える弁護士はおれにもいっちょかみさせろ、という発想で「被害者のために情報を公開しないのはけしからん」とかほざくのです。
企業秘密ではなくブランド力だと思います。
Posted by 企業秘密 at 2013年05月06日 10:00
よい結果になり
ほ!んとぅ〜にぃ〜、良かったぁ〜♪
うれしくて〜、うれしくてぇ〜♪

先生、おめでとうございます、
どや顔しても、いいですよ(微笑)

依頼された方も短期解決で、ヤキモキする時間もなかったことでしょう、
先生を信じて良かったですね。

吉報にこちらまで、ウキウキです。

過払い太郎様も、記事にされて、側面からの応援はエライですね。

突然話は変わりますが、ポチとするのん、もうちょっと場所を変えて上とか、目立つとこに移動するお考えございませんか?

現在控えめで、好感持てますけど。

あつかましいのは、始めポチ、続きを見る為ポチ、最後にポチ…と…辟易でおなか一杯に…。
Posted by 流れ星 at 2013年05月07日 12:56
今回のは、キャスコ「だけ」の依頼じゃなかったので、一応個別に対応しているのです。
キャスコだけの依頼は、一定金額になるまで着手しませんが、最初からの依頼であれば、他の事件と区別はしないのです。
なので、キャスコを含むキャスコ以外もある事例が重なるほど、キャスコだけの依頼者は後回し。
あと、それが脅威になっているため、個別に請求する事案は早々と片付けようとキャスコ自身が考えているかもしれません。
個別対応も支払拒否すれば同じ手続ですから、手をこまねいているキャスコ「だけ」事案も同時に発動させますし。
Posted by 京都寺町法律事務所 at 2013年05月07日 15:37
補足
側面からの応援ありがとうございます。
キャスコ「だけ」の依頼者については、まだ集団請求は一度もしていませんので、打ち切った訳ではありません。
キャスコを含む全体依頼の分で、1週間で返金されたというお話ですので。
ただ、あまり過度の期待を頂いても、なんで私の時ばかりとか言われたくないんで。
やるべきことはやりますし、聞いたことない手続なんだとは思いますけど(この部分が企業秘密なんですが、そこまで発動しないで返還されちゃった、という話です)。
Posted by 京都寺町法律事務所 at 2013年05月07日 15:42
「奥の手」を使わずに済んだのですね。

債務整理先の業者をえり好みして受任するサル弁など関らず、全力交渉してくれる先生の様な弁護士さんに出会って欲しいです。

最近依頼しました…と東京の事務所に誘導するブログが沢山あります。

中には、東京のおまとめローンの申込に行ったら、東京の弁護士事務所を紹介されたというのもあり、

また、別のブログですが、東京の司法書士に電話相談したら、郵送手続きできて良かった…とか。

他にも、消費者センター相談登録している司法書士が、家族に借金返済させ、過払いに転じさせてから、過払い請求したとか、バカじゃないの、引き直し計算したら、減額になっている可能性もあったと思うのですが。
消費者センター登録相談員は辞任して欲しいです。

良い専門家を探すには、ご自分でリサーチすることが大切ですね。



Posted by 流れ星 at 2013年05月07日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。