亀岡暴走事故 「量刑重すぎる」と運転少年側控訴|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

亀岡暴走事故 「量刑重すぎる」と運転少年側控訴

「はぁ?何考えとん?呆れた!アホか!!」と。

弁護人は、それが仕事とはいえ、
何でもかんでも、減刑を求めるのは、ちょっとおかしい。

裁判における事実認定を争うとかいうのであれば、
100歩譲って、分からなくも無いが、
量刑を争うなんて、ナンセンスもいいところ。

何をどうしたら、そんな結論になるの?

逆に
「量刑を重くしてください」と言うのであれば、拍手喝采!

少年法とか、加害者の人権(コレ、嫌い)とか、
悪い意味で尊重されすぎて、ワケ分からん状態に...。

周りの人間も、ナゼ、止めない?

これ、弁護人の暇つぶし(食い扶ち)のためか?

仮に、
少年が本当に反省しているのなら、完全に逆効果。

少年も、その周りの人間も、弁護士も、検察も、裁判所も、
ホントに真摯に、考えてもらいたい。

最後に、いつも思う疑問。

被告の反省の度合いを量刑に加味するのであれば、
被害者の感情も加味する必要があると思うが、
それに対しては、全くのノーアクション。

「加害者の人権」ってアピールするけれども、
「被害者の人権」って無視されているような気がする。

バランス悪すぎ...。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

亀岡暴走事故 運転少年側も控訴「量刑重すぎる」
産経新聞 3月1日(金)19時50分配信

 京都府亀岡市で昨年4月、軽乗用車が暴走し集団登校中の小学生ら10人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷と

道交法違反(無免許運転)の罪に問われ、今年2月に京都地裁で懲役5年以上8年以下(求刑・懲役5年以上10年以下

)の不定期刑の判決を言い渡された無職少年(19)の弁護側は1日、判決を不服として、大阪高裁に控訴した。検察側

も前日の28日に控訴していた。

 控訴理由について、少年の弁護人は「被告は少年であり、地裁判決の量刑は重すぎる。検察側が控訴したことも含め、

弁護人として控訴が必要と判断した」と述べた。弁護側は1審で保護処分が相当と訴えていた。

 1審判決によると、少年は昨年4月23日朝、亀岡市内の府道で居眠り運転して集団登校の列に時速50キロ以上の速

度で突っ込み、3人を死亡させ7人に重軽傷を負わせた。また、同11、17日と22〜23日に無免許運転した。

亀岡暴走事故 運転少年側も控訴「量刑重すぎる」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20130301-00000594-san-soci

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2013年03月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | やっちもないヘタレの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。