名古屋消費者問題研究会 VS 石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)その2|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

名古屋消費者問題研究会 VS 石丸幸人弁護士(アディーレ法律事務所)その2

名古屋消費者問題研究会が、
石丸幸人弁護士とアディーレ法律事務所を、
著作権侵害で訴えた裁判の話ですが、
控訴審判決が20日に名古屋高裁であり、
原告(名古屋消費者問題研究会)の控訴を棄却とのこと。

名古屋消費者問題研究会オフィシャルサイト
アディーレ訴訟に関するニュース

ただし、
提訴以降、口頭弁論等、随時、情報発信していましたが、
一審敗訴後を機に、パタッと止まっているようです。

雲行きが怪しくなったので、
口を閉ざしたように見え、ちょっと感じ悪いです...。

弁護士法人アディーレ法律事務所オフィシャルサイト
著作権侵害を巡る訴訟につき,控訴審でも勝訴!

で、こちらはこちらで、
勝ち誇っているような感じで、これまた感じ悪いです...。

まぁ、いきなりイチャモンをつけられた方からすると、
何か一言文句を言わないと気が済まないという気持ちも、
分からないでもありませんが...。

しかしながら、訴訟の提起は2009年8月ですので、
約3年の歳月が流れていることになります。

長いですねぇ...。

あと、正直、みっともないです。

弁護士同士の争いですから、
裁判でシロクロつけるというのが、手っ取り早い気もしますが、
弁護士同士だからこそ、裁判は回避してほしかったなぁ〜と。
(思いっきり矛盾していますが(笑)。)

お互いに、そのエネルギーを、
別の方向に使ってもらいたかったです...。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

二審も石丸弁護士勝訴=著作権侵害訴訟−名古屋高裁

 テレビ番組などへの出演で知られる石丸幸人弁護士(40)と同弁護士が代表を務める「アディーレ法律事務所」(東京)の書籍2冊が著作権を侵害しているとして、愛知県の弁護士5人が両者を相手に約630万円の損害賠償や出版差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が20日、名古屋高裁であった。長門栄吉裁判長は請求を棄却した一審判決を支持、原告側の控訴を棄却した。
 長門裁判長は「法律問題に関する見解自体は、著作権法上保護されるべき表現ではない」と指摘。その上で、過払い金の返還請求に関する原告側の著書2冊について、「表現上の格別の工夫がなく、創作性は認められない」と結論付けた。(2012/09/20-20:54)

時事ドットコム:二審も石丸弁護士勝訴=著作権侵害訴訟−名古屋高裁
http://www.jiji.com/
jc/c?g=soc_30&k=2012092000891

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2012年09月23日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。