ネオラインとJトラストと藤澤信義氏|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

ネオラインとJトラストと藤澤信義氏

クロスシード(旧ネオラインキャピタル)に関する情報を
色々とリサーチしていたら、うまくまとめているサイトを発見。

辻守司法書士事務所
ネオラインとJトラストとフジサワ!?

内容的には、復習といった感じですが、
とてもわかりやすかったので、導入としてはベターかと。

ざっくばらんにまとめると、
コケた(コケる寸前の)会社を安く買い、
過払い金等の支出は最低限(5%とか10%等)に抑えて、
収入(利用者からの返済)については、全額+αで回収。

スポンサー契約で、すったもんだがあった武富士も、
最終的にはJトラストグループ傘下となりました。

ネオライングループ(Jトラストグループ)については、
以前も同じことを書きましたが、
ビジネススキームとしては、とても勉強(参考)になりますが、
ビジネスモデルとしては、賛同できないんですよねぇ...。

ネオライングループの詳細については、
日本金融新聞に掲載された記事をまとめた
解剖ネオラインG 〜その軌跡と戦略〜 シリーズ全10巻」が
ネオラインホールディングスオフィシャルサイトにあります。

ただし、オフィシャルサイト掲載記事ですので、
当然ながら、ネオライングループ寄りの内容となっています。

その点を加味する必要はあるかと思いますが、
グループの動き(流れ)をつかむのには十分かと。

ネオライングループ(Jトラストグループ)については、
何かと不思議(不明)な点が多いですので、
今後もしっかりと情報収集していこうと思っています。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
【カテゴリ「ネオライングループ」 その他のエントリー】
posted by 過払い太郎 at 2012年02月15日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネオライングループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。