武富士が会社更生法を申請 その28 新スポンサーを模索中?|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

武富士が会社更生法を申請 その28 新スポンサーを模索中?

武富士は、
韓国の消費者金融A&Pフィナンシャルをスポンサーとして、
再生計画を立てていますが、資金確保が難航していて、
新たなスポンサーを探す動きもあるとか。

A&Pフィナンシャルは、本国(韓国)でバタバタしているので、
正直、武富士の相手をしているヒマなんて無いと思います。

そうなると、武富士の立場は弱いですから、
ドンドン買い叩かれて、条件も悪くなるというモノです。

米国ファンドは、その辺はキビシイ(ビジネスライク)ですから、
基本的には、良い話にはなりませんよねぇ...。

細かい情報は、お気に入りブログ情報より。
事業再開突如見送り、武富士に何が起こっているのか

まぁ、一般債権者は、
武富士(管財人)からのアナウンスを待つしかありませんが...。

でも、オフィシャルからのアナウンスは全く無し。

「年末年始営業のご案内」をアップする余裕があるのなら、
何らかの情報発信をしてもらいたいものです。

あと、管財人は、このバタバタをどう考えているのか?
そして、バタバタの責任をどうとるのか?

チョット、気になります...。

安くもない報酬をもらっているワケですから、
その分はくらいは、シッカリ働いてくださいね(笑)。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

TPGが武富士とスポンサー契約めぐり交渉=関係筋
2011年 12月 12日 16:17 JST

[東京 12日 ロイター] 米投資ファンドのTPGキャピタルが、会社更生手続き中の消費者金融武富士と新たなスポンサー契約の可能性をめぐり交渉していることが明らかになった。

武富士は韓国の消費者金融A&Pフィナンシャルのもとで再生を図る更生計画を立てていたが、A&Pが支援に必要な資金をまだ確保していないことで、再度支援先を模索する動きがでている。

複数の関係者が明らかにした。

武富士は今年4月、A&Pフィナンシャルが再生支援のスポンサーをすると発表しており、10月には更生計画の認可を東京地方裁判所より得ていた。事業はA&Pフィナンシャルに引き継がれ、それとは別に更生債権等の弁済をする部分が分割されることになっていた。先月になって更生計画に掲げられていた会社分割の日程は1か月延長され、12月31日までとされた。

しかし、関係者によると、買収資金となる282億円の払い込みがまだされておらず、このままいけば更生計画が暗礁に乗り上げる可能性がでてきた。更生計画が履行されなければ武富士は破産手続きをとることも考えられる。

TPGが武富士とスポンサー契約めぐり交渉=関係筋
http://jp.reuters.com/
article/businessNews/idJPTYE7BB04620111212

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

武富士、新スポンサー選定検討=米ファンドに打診

 会社更生手続き中の消費者金融、武富士が、新たなスポンサー企業の選定を検討していることが13日、分かった。スポンサーに決まっていた韓国の同業大手、A&Pファイナンシャルは事業承継に必要な資金の調達が難航しており、確保できない可能性もあるため。昨秋の経営破綻後、スポンサー企業を選定した際に興味を示した米投資ファンドや金融機関に改めて打診している。

 新スポンサー候補には、米ファンドのローンスターやTPGキャピタルなどが浮上している。

武富士、新スポンサー選定検討=米ファンドに打診
http://www.asahi.com/
business/jiji/JJT201112140004.html

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年12月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武富士(現TFK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。