カード現金化業者逮捕|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

カード現金化業者逮捕

ちょっと古いですが、カード現金化業者が逮捕されたという話。

この商法は昔からありますが、貸金業法が完全施行されて、
総量規制によって「借りられない」人が増えたため、
注目(ニーズが上昇)されていました。

日本クレジットカード協会からは、ブラックと判断されていますが、
『クレジットカードのショッピング枠を現金化』にご注意ください!
法律の網をうまい具合にすり抜けて、グレーな位置付け。

ただ、冷静に考えると、「借金」には変わらないので、
「いつかは返す」ということになりますが、切羽詰ると、
思考が停止してしまい、正常な判断ができなくなります。

結局、
「借金が増えただけ」という場合が多くなると思いますし、
正直、
そこまで行くと「焼け石に水」かとも思います。

個人的には、
違法業者を取り締まることは大切だと思いますが、
それ以上に、これは、ケースバイケースですが、
総量規制をオーバーしていても、借りることができるとか、
逆に、債務整理の手続きを勧めるとか、
「借りられない人」へのセーフティーネットが大切かと。

その部分が欠落している状態で、完全施行したために、
「総量規制難民」が大量発生という結果に...。

これは、施行前から危惧されていたワケですが、
特別な対策もなく、今も放置されたままです...。

本件は、氷山の一角かと思いますが、
本質の根本的な解決には程遠いですね。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

カード現金化業者逮捕=商品販売装い高利融資−全国初、出資法違反で・警視庁

 クレジットカードで商品を購入させ、手数料を差し引いてキャッシュバックする「カード現金化」と呼ばれる手法で、法定利息を超える高金利で金を貸し付けたとして、警視庁生活経済課は5日、出資法違反(高金利)容疑で、東京都台東区の現金化業者「インフィニティ」元社長で飲食店経営橋本幸治容疑者(41)=板橋区仲宿=を逮捕した。

 同課によると、同容疑による現金化業者の摘発は全国初。商品販売の形態を取るが、実態は無審査の高金利融資であり、事実上のヤミ金融と指摘されていた。

 橋本容疑者は「キャッシュバックしたのは間違いない」と供述しているが、容疑は否認。2006年7月〜今年3月、全国の約750人に計約4億3000万円を融資し、約8000万円の利益を得たとみられる。

 逮捕容疑は昨年3月〜今年1月、千葉県浦安市の男性会社員(49)ら4人に対し、おもちゃのネックレスやブレスレットをカード払いで販売。いずれも約100円の価値しかなかったが、代金の一部をキャッシュバックしたように装って計約346万円を融資、法定利息を約45万1200円超える計約69万5700円を受け取った疑い。

 橋本容疑者はホームページ上で融資の申し込みを受け付け、融資可能額や決済代行業者の窓口をメールで指示。カード決済の手続きが終わると、手数料を引いた金額を振り込むなどして融資し、クレジット会社から1カ月以内に立て替え払いを受けていた。(2011/08/05-12:01)

時事ドットコム:カード現金化業者逮捕=商品販売装い高利融資−全国初、出資法違反で・警視庁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011080500265

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年08月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘタレのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。