消費者金融大手3社・12年3月期は黒字転換?|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

消費者金融大手3社・12年3月期は黒字転換?

消費者金融大手3社(アコム・プロミス・アイフル)の、
2011年3月期連結決算は赤字となりましたが、
12年3月期は黒字転換を見込んでいるらしいです。

「ホンマかいなぁ〜」と。

まぁ、
何を言っても自由ですし、対株主のことを考えると、
少しでも明るい見通しを示したいという気持ちはよくわかります。
(最悪、下方修正すればOKですから...。)

良し悪しは別として、
「目標は高く」という点では、見習いたいところです。

と、同時に、
「これで、遠慮することはないなぁ〜」とも。

現状、ほとんどの過払い金返還請求案件で、
お互いの要求には、大きな隔たりがあると思いますので、
トコトンやりあっても大丈夫かと。

ただ、武富士のように「万が一」もありえるワケで、
「コケる」ことも視野に入れておきながら、
高いハードルを設定するのか、
返還金額は少なくなりますが、リスクを最小限に抑えるのか、
その辺のバランスは難しいところです。

正直、
明日がどうなるかさえも分からない世の中ですので、
1年後の予想なんて、分かるハズがありません...。

今後、
過払い金返還請求の件数は減少していくと思われますので、
請求件数が落ち着くまで、
業者が持ちこたえられるかどうか?がポイントかと。

業者がコケてしまうと、
過払い金返還請求側が得をすることは、1つもありません。

でも、だからといって、
納得できない和解を認めるワケにはいきませんので、
「痛し痒し」的な状況は、まだまだ続くと思います...。

現状では、
業者の方を持つワケではありませんが、
とにかく「ガンバレ」と。

業界が厳しい状況だというのは、よく分かりますが、
「それを乗り越えてこそ、本当のプロ」かと。

それができないのであれば、「即退場してください」と。

消費者金融も、いろいろと問題はありますが、
「必要なモノ」だと思っています。

ありゃりゃ?

最後は、擁護派的な意見になってしまいました(笑)。

↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓

消費者金融3社、黒字転換予想…12年3月期

 13日出そろった消費者金融大手3社の2011年3月期連結決算によると、利用者が払い過ぎた利息の返還を求める件数が今期は減少に転じそうだ。

 返還請求は、昨年9月に武富士が破綻したことで、ほかの消費者金融も利用者からの請求が急増した。

 11年3月期は返還請求の増加に対応して、引当金を積み増し、3社そろって税引き後利益は赤字だった。

 アコムとアイフルは2期連続の赤字で、特にアコムの赤字幅は前期より約1950億円も膨らんだ。

 ただ、3社は12年3月期の請求件数は減少すると見ている。このため、3社とも12年3月期の税引き後利益は黒字転換を見込んでいる。

(2011年5月14日 読売新聞)

消費者金融3社、黒字転換予想…12年3月期 金融ニュース マネー・経済 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/
atmoney/mnews/20110516-OYT8T00207.htm

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2011年05月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘタレのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。