「取引履歴」と「引き直し計算」|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

「取引履歴」と「引き直し計算」

「取引履歴」とは、その名の通り、
取引開始からの借入や支払の明細のことをいいます。

「取引履歴」は、
業者に連絡すれば、簡単に手にいれることができます。
(早ければ翌日・遅ければ1ヶ月ほどかかります。)

ちなみに、私は、
業者のHPに書いてあるフリーダイヤルに電話して、入手しました。

大昔には、開示請求があっても、
開示しない or デタラメな情報を開示する業者もいましたが、
現在では、ほぼ問題なく開示請求に応じるようです。

また、業者によっては、
「○年以上の履歴はありません」と言ってくる場合がありますので、
その時には「ゼロ計算」or「推定計算」が必要になってきます。
(「ゼロ計算」「推定計算」については、別の機会にエントリーします。)

あと、「取引履歴」を請求する時に、
業者から請求理由を聞かれる場合がありますが、
その時には「支払状況の確認です」でOKだと思います。
(無理に「過払金返還のため」と言う必要はありません。)

そして、「取引履歴」を元に、
利息制限法内の金利に再計算することを
「引き直し計算」といいます。

この「引き直し計算」の結果を見て、
債務を確認したり、過払金返還請求を考えたりすることになります。

「引き直し計算」は、ソフトを使えば簡単に出来るので、
本人請求の場合はもちろん、専門家依頼の場合でも、
ご自身で再計算して、状況を確認することをオススメします。

特に、専門家に任せる場合でも、
「引き直し計算」までは、自分でやるべきだと思っています。

そうすることにで、借金の確認と反省ができますし、
おおよその金額が分かれば、専門家に支払う報酬も検討がつきます。

また、「取引履歴」と「引き直し計算」は、
訴訟になった場合には、原告の証拠として提出することになります。

ちなみに、下図は、私が対プロミスの時に提出した、
「取引履歴」(左図)と「引き直し計算」(右図)です。

kabarai2010050601.jpg kabarai2010050602.jpg

いやぁ〜、
見事に借りるだけ借りて、後はほぼ利息だけの返済でした...。

そりゃ、コケますよね(笑)。

反省、反省...。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
【カテゴリ「過払金返還請求の基本」 その他のエントリー】
posted by 過払い太郎 at 2010年05月06日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 過払金返還請求の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
お久しぶりです。

私は街行く人の顔を見れば、
借金の有無、残債が大体分かりますw

取引履歴を見れば、
その人の全てが分かります。

取引履歴占いって流行らないですかね??

「いい生活が出来るでしょう!」や
「あなたは5年後破滅です」

結構シビアな占いになりそうだ・・・ww
Posted by 所長 at 2010年05月25日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。