判例タイムズを読んで その1 貸金業法43条の要件論等についての最高裁の判断|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

判例タイムズを読んで その1 貸金業法43条の要件論等についての最高裁の判断

やっとこさ、
判例タイムズ No.1306(2009.11.15)で特集された
「特集・過払金返還訴訟の現状と課題」を読んでみました。

ちなみに、特集は以下のような流れになっています。

導入 特集の目的と概要について
その1 貸金業法43条の要件論等についての最高裁の判断
その2 過払金返還請求における取引履歴の不開示と損害賠償
その3 取引の個数と消滅時効の起算点
その4 簡易裁判所における過払金返還請求訴訟の問題点
その5 過払金返還請求訴訟の審理の実情
その6 過払金返還請求訴訟における判決

しかし、読んだといっても、6本の論文の内、1つだけ(笑)。

必死に読んだのですが、
独特のこねくり回したような表現(失礼)を理解するのが、
精一杯で、ヘタレな私には難しすぎて、挫折しまくりです(笑)。

「貸金業法43条の要件論等についての最高裁の判断」については、
目新しい情報はありませんでしたが、
「43条について、難しい言葉で表現すれば、こうなるのかぁ〜」
と、今までの復習といった感じで読んでいました。

こうなると、分かりやすい言葉で
説明(論破)してくれた先人たちの有り難味がよく分かります。

また、「今さら」という感じもしました。

まぁ、過払金返還請求に手を出していない専門家もいると思うので、
その方たちへの概要説明という感じでしょうか...。

え〜と、まだ1つしか読んでいませんが、
ほぼ分かっている事案についての説明(論文)でさえ、
四苦八苦しているので、他の論文を読んで理解できるか?
メチャクチャ不安です...。
(まだ「自由と正義」も残っていますし...。)




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2010年01月12日 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヘタレのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
頑張ってください^^
Posted by トラジロー at 2010年01月12日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。