工藤公康投手、埼玉西武ライオンズへ復帰|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

工藤公康投手、埼玉西武ライオンズへ復帰

森監督時の黄金期を知っている、
隠れライオンズファン(笑)としては、嬉しいニュース。

↓↓↓↓↓ ここから ニュース ↓↓↓↓↓

工藤、西武入りへ!背番「47」は辞退
サンケイスポーツ - 2009/11/14 7:54

 横浜から戦力外通告を受け、国内他球団での現役続行を希望していた工藤公康投手(46)の移籍先が、西武に決定したことが13日、明らかになった。この日、横浜市内でサンケイスポーツの取材に応じた工藤は「西武にお世話になることに決めました」と明言。愛着のある背番号「47」を固辞する考えを明らかにするなど、16年ぶりの原点回帰への思いを語った。

 16年ぶりに“西武・工藤”が復活する。現役最年長左腕が、古巣のユニホームに袖を通す決断を下した。

 「家族会議もして、西武にお世話になることに決めました。29年目となる来年も現役生活を送ることができるようになり、自分を評価してくださった球団に、感謝の気持ちでいっぱいです」

 前日12日、横浜市内で西武の前田球団本部長と会談。黄金期を支えた功労を高く評価してもらえた。楽天も獲得に名乗りを上げていたが、この日夜、西武への復帰を決断。かつては左右のエースとしてしのぎを削った渡辺監督を、今度は現場からサポートする。

 さらに、注目の背番号についても言及。工藤の代名詞とも言える背番号47は、ダイエーに移籍した直後の1995、96年の2年間を除いた26シーズンで背負い続けてきた。しかし「もうその番号のことは、忘れました」と固辞する考えを明かした。

 現在は西武の「47」は帆足が背負っている。帆足も同じ左腕として工藤にあこがれ、この番号を付けている。工藤が復帰する場合は快く返上する考えを示していた。

 しかし帆足の発言を報道で知った工藤は、その“好意”が逆に心苦しかったという。自分が移籍することで、周囲に気を使わせる事態を極力避けたいとの思いから、空き番号の中から新背番号を選択することにした。

 「自分で現役続行を決め移籍先を探してきたので、精いっぱい恩返しがしたいです」と、再スタート地点に立った224勝左腕。背番号も新たに、現役最年長としての熱いドラマをつづり続ける。

工藤、西武入りへ!背番「47」は辞退 - サンケイスポーツ - Yahoo!スポーツ
http://sports.yahoo.co.jp/news/20091114-00000005-sanspo-base.html

↑↑↑↑↑ ここまで ニュース ↑↑↑↑↑

正直、戦力としては微妙なのですが、
存在感・コーチング力に期待しています。

ドラ1・菊池雄星投手にとっては、
これ以上ない、絶好な環境ができたと思っています。

背番号は、工藤投手の考え方もよく分かるのですが、
一ファンとしては、工藤投手の「47」をもう一度見たいですね。

背番号については、チョット古いですが、
こちらのブログのエントリーがとても面白かったです。
プロ野球〜背番号に関する話〜

とにかく、1年でも長く現役を続けてほしいです。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年11月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘタレのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。