アイフル子会社がネオラインキャピタル傘下へ|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

アイフル子会社がネオラインキャピタル傘下へ

お気に入りブログ更新情報より。
「アイフル」の子会社(ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が,「ネオラインキャピタル」傘下へ(追記)

タイトルのとおり、
アイフルの子会社(・ワイド・トライト・ティーシーエム・パスキー)が、
ネオラインキャピタル傘下になったというエントリーです。

ネオラインキャピタルですか...。
なんか、どんどん勢力を拡大しているって感じですねぇ。

ただ、
過払金返還に関しては、とても厳しい業者ですので、
正直言って、「いい気」はしないですねぇ...。

本人請求だと大変かもしれません...。

金融業界はとても厳しい状況で、大手は別としても、
譲渡や吸収合併される可能性のある中小の業者に対しては、
出来る限り早く手を打つということが大切だと思います。
(まぁ、大手といえども、油断はできませんが...。)

ただし、
業者が生き延びていれば、金額は少なくなるとしても、
多少は取り戻せる可能性はありますが、
業者そのものが無くなっていれば、手も足も出ません...。

実際、私も、過払金請求できなかった
(厳密に言えば、取引履歴すら取り寄せることができなかった)
業者が数社ありました...。

私が過払金返還請求を知ったのは、1年前ぐらいですので、
仮に、5年位前に知っていたら、請求できたかもしれません...。

でも、
5年前と今とは状況が違いますので、
トータルで考えると、どちらが「得」かは分かりませんが...。

現状は、過払金返還が、
認められるケースと認められないケースというのが、
素人にも分かりやすくなっているので、判断しやすいと思います。

ただ、
問題は、業者が過払金を支払わないケースが多くなっていること。

判決を取って、強制執行を行えば回収できる可能性はありますが、
事前に「執行逃れ」を施しているかもしれません...。
(相手は、「金のプロ」ですから...。)

だからと言って、泣き寝入りするのもバカバカしいのですが、
私の、対プライメックスキャピタル(旧キャスコ)みたいに、
何も考えずに突き進んでいって、
最後の最後にヘタレな結果にならないように、
シッカリと情報収集してほしいと思います。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年08月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。