消滅時効の起算点と過払利息発生の起算点|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

消滅時効の起算点と過払利息発生の起算点

最近の過払い金請求の流れとして、
過払利息(5%)の発生は、最終取引日以降と主張する
業者が増えています。

私も、CFJ訴訟で体験しましたが、
CFJだけでなく、各社そのように主張しているらしいです。

これは、消滅時効の起算点を判断した
最高裁平成21年1月22日判決」を受けて、
過払利息(5%)の発生は最終取引日とする
山口地裁平成21年2月25日判決」や
札幌高裁平成21年4月10日判決」が出たためで、
上記2つの判決を盾にして、業者は主張しています。

しかしながら、
最高裁平成21年1月22日判決」は
消滅時効の起算点を判断しているだけで、
過払利息発生の起算点に関しては、何の判断も下していません。

業者としては、
論点をすり替えて、主張しているに過ぎません。

「消滅時効の起算点と過払利息発生の起算点」は
全く違うと考えています。

この微妙なニュアンスを伝えにくいので、得意の丸投げで(笑)。

過払い利息発生の起算日についてアイフルが争いの姿勢(新論点)。
過払い利息(悪意受益5%)の発生時期
新たな論点?各業者の主張、対応
過払い利息の起算日

で、この微妙な違いを主張するための、
参考文献(準備書面)として、これまた丸投げで(笑)。

準備書面全文(CFJ@親父編)

現時点では、上記のような準備書面でOKだと思います。

ちょっと話がそれますが、裁判において、
自分の主張を通すためには、自分に有利な証拠を出す必要があります。

業者が盾にしている
山口地裁平成21年2月25日判決」や
札幌高裁平成21年4月10日判決」は
業者が自分の主張を通すための、業者に有利な証拠です。

しかしながら、
これらは、数千・数万件ある判例の1つに過ぎません。

現状では、ほとんどの判例が、
5%利息は過払い発生日から加算されています。

この主張は、
ぶっちゃけて言えば「ブラフ(はったり)」です。

今までは、あっさりと白旗を揚げていたところを、
チョット駄々こねてみて、減額させようとする作戦です。

ですので、先の準備書面のように、
キッチリと対応すれば大丈夫だと思います。

現状は、
「過払い発生日から5%」がスタンダードだと思っていますが、
下級審でも、少しずつ判決が出始めていますので、
最終的には最高裁まで行くと思いますが、それまでは注意が必要です。

良くも悪くも最高裁判決が出てしまえば、
「それに右へならえ」で簡単なのですが、
現状は、原告・被告とも、手探り状態です。

当ブログでも、
「過払い発生日から5%」を守るためにも、
いろいろと情報収集していきたいと思っています。

人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年06月08日 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過払利息発生の起算点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

過払利息(法定利息)の発生時期
Excerpt:  今日、うまれて初めて、弁護士さんの事務所によるTVコマーシャルをみました。若い
Weblog: 田舎弁護士の訟廷日誌(四国・愛媛)
Tracked: 2009-06-14 19:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。