改正貸金業法|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

改正貸金業法

お世話になっている、金田さんのブログに、
気になるエントリーがありました。

「本人訴訟日記(以前→過払い金請求日記)」
http://ameblo.jp/tententenshoku/
「改正貸金業法の影響」
http://ameblo.jp/tententenshoku/entry-10273073128.html

今月18日(木)から、
改正貸金業法が施行されます(1年間の猶予期間あり)。

主なポイントは4つ。
1.貸金業務取扱主任者の資格試験実施
2.財産的基礎要件の引き上げ
3.指定信用情報機関制度の創設
4.総量規制の導入

借り手へ大きな影響を与えるのは、総量規制の導入だと思います。

これは、
一定金額以上の借入時には、年収証明が必要となるということ。

年収証明(所得証明)を提出するのは、
当たり前と言えば当たり前なのですが、
そのラインが厳しくなり、「借りにくくなる」と思われます。

まぁ、
自転車操業を繰り返せば、いつかはコケますので、
借金の清算をする、良い機会だと思います。

私自身も、
コケたことで、借金を清算する決意をしましたが、
今から思えば、
「コケル前に何らかの対処方法があった」と思っています。

「安易に借金できなくなる」ということは、
とても良いことだと思いますが、
本当の本当にお金に困っている人は、路頭に迷うことになります。
(この部分は、行政にカバーしてもらいたいところですが、
ハッキリ言って、行政はアテにはなりません...。)

そして、
金融業者の死活問題に直結する1〜3のポイント。

金融業を営むには、
「人・資金・システム」が必要となり、
それを捻出できなければアウトとなります。

単純にお金だけでも、数千万円必要となりますので、
中小・零細の金融業者は厳しい状況に追い込まれ、
結果、廃業となるところも多数出てくると思われます。

廃業となれば、
過払い金の支払いも、期待できなくなりますので、
利用者としても、ダメージを受けることになります。

また、これは、
現状の過払い金請求にも、少なからず影響を与えると思いますので、
中小を相手にしている場合には、注意が必要だと思います。

改正貸金業法については、
勉強不足のため、よく分かっていませんので、
詳しくは、上記の金田さんのブログでご確認下さい。
(出た!必殺技!丸投げ!!)

しかし、この改正貸金業法で
「得する人はいるのかな〜?」と不思議に思っています。

「任意整理する人が増えれば、弁護士が儲かる」と
考えるのは、ひねくれ過ぎですかね(笑)。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年06月04日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
ブログ記事紹介ありがとうございます。

この法律は、持つものと持たざるものとの2極化を肯定したもんだと思います。

金融会社は規模の大きいところが生き残る。そうすると国は管理がしやすいし。

借り手である消費者は自転車操業を続けることができなくなった場合、そこで債務整理するか闇金融に走るかの選択を迫られます。債務整理をしてくれれば(最近、世界的にはやっているらしい金融機関の国有化や会社更生と同じ感じ)、一から出直せるので問題が広がらない。あとは君次第だよと。闇に走れば、いつまで経っても借金に苦しんでいくけど仕方ないね〜あなたがそれを選んだんだからという感じ。

まさに、金融会社や国民に選択を迫っているわけです。でもこれ、いろいろな膿を出すのに役立つ法律だと思います。ただ、債務整理をしたくてもできないような人(お金の問題、心の問題、人間関係の問題等)に対するフォローはないので、そこが2極化を表しているような気がします。
Posted by 金田 at 2009年06月04日 16:14
>金田 さんへ

コメントありがとうございます。

任意整理するか?闇金融か?

後々のことを考えれば、任意整理するのが一番だと思いますが、
自転車操業になれば、借りたお金を返すことで精一杯で、
「任意整理で減額できる」なんて考えもしないと思いますので、
闇金融へ流れる人も多いのではと思います。

私自身、自転車操業でコケた時は、
次回の最低支払金額を捻出することだけに、没頭していました。
「専門家に相談して借金を減額する」なんて、
これっぽっちも知りませんでした(無知でした)...。

自転車操業になれば、いつかはコケますので、
おっしゃるように、この法律は「膿を出す良い機会」だと思います。

ただ、任意整理するにしても、ある程度お金がかかるため、
それを捻出できない人は、どうしようもありません。

まぁ、
「自転車こいだ人間が悪い(自戒を込めて)」とは思いますが、
国や行政には、
本当に困っている人を、キチンとフォローしてくれることを望みます。
(無理だと思いますが...。)
Posted by 過払い太郎 at 2009年06月05日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。