訴訟費用のお勉強|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

訴訟費用のお勉強

訴訟費用について、ちょっとお勉強。

私は、訴訟の和解時に
「過払い金+利息+訴訟費用」を求めていきます。

本来、「訴訟費用」は、
勝訴判決(訴訟費用は被告の負担とする)を貰ったときに、
「訴訟費用額確定申立」をして請求します。
(実際に申し立てをするのは、数パーセントとのこと。)

手続きが面倒らしく、費用対効果を考えると非現実的というのが、
その理由らしいのですが、
実際に経験していないので、なんとも言えません...。

私が訴訟費用請求を真剣(?)に考え始めたのは、
過払い金が少ないからです(笑)。

和解時のスタンダードは「過払い金+利息」だと思います。
相手側も「過払い金+利息」なら、素直に払うでしょう。

初めはそれでもOKだと思っていたのですが、
訴訟費用が約7,000円かかっています。

アコムの場合、和解金11,000円ですので、
訴訟費用を差し引くと、4,000円となります。

冷静に考えてみると「損しているなぁ〜」と...。

まぁ、
各社をまとめて提訴(訴状は別々)しているので、
手間はさほどかかっていないので、問題はありませんが...。
(アコムは金額的にも、おまけみたいなモノですね。)

それでも、
過払い金を回収するのに費用がかかることに不満があります。
(気の小さい人間なんです(笑)。)

しかも、
過払い金が低額になればなるほど、訴訟費用の割合が増します。

仮に、
過払い金が100万円だったとすると、
訴訟費用は、約16,000円になります。

訴額が高くなれば、それに応じて訴訟費用も高くなりますが、
約7,000円/11,000円と約1.6万円/100万円では
気分的に違うかな?と思います。

で、
キャスコ訴訟に備えて、訴訟費用のお勉強をしました。
(やっと本題に入ります(笑)。)

私の考える訴訟費用は、
「訴訟費用額確定申立書」を基準にしています。

いろいろ調べてみると、
「書類作成費用」という項目がありました。

これは、訴状や準備書面を作成した費用で、
基本的には1,500円で、枚数によって増額します。

ということで、
訴訟費用に「書類作成費用」を加えることにしました。

訴訟費用の基本フォーマットは、以下のように決定。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
訴えの手数料:1,000円
書類の送達費用:2,080円
日当:3,950円X○○回 = ○○○○円
旅費:300円X○○回 = ○○○○円
書類作成費用:1,500円
法人資格証明書取得費用:1,160円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計:○○○○円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
【カテゴリ「訴訟費用請求」 その他のエントリー】
posted by 過払い太郎 at 2009年02月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訴訟費用請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。