プロミス訴訟 和解で決着|過払い金ゲットブログ|借金問題(過払い・任意整理・個人再生・特定調停・自己破産)解決のために

お気に入りブログ更新情報
Powered By 画RSS
借金返済ブログ更新情報
Powered By 画RSS
スポンサードリンク

プロミス訴訟 和解で決着

本日、プロミス訴訟第2回口頭弁論が開かれました。
予想通り、プロミスは代理人が出廷。

裁判官「第1回口頭弁論以降、何の連絡もありませんでしたが、
今後どのように進めるつもりですか?」

プロミス「和解を希望します」

裁判官「被告は和解を希望していますが、原告はどうですか?」

私「条件次第ですが、できれば和解を希望します」

ということで、別室で司法委員の方を仲立ちに交渉開始。


プロミスの提示は、26,244円(「過払金+利息」相当額)。
こちらの提示は、それに訴訟費用を加えた38,000円。

訴訟費用の内訳は、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
収入印紙代:1,000円
代表者事項証明書取得費用:1,000円
切手代:2,000円(概算で予想)
原告日当:8,000円(4,000円X2回)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計:12,000円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

プロミスは「訴訟費用は負担できない」と主張しましたが、
・提訴前の交渉で「個人の請求には応じられない。
訴訟してください。」と言われ、提訴することになったので、
その費用はプロミスが負担するべき。
・もしも、和解不成立の場合には、判決をいただいて、
訴訟費用をどちらが負担するのか判断してもらい、
「被告の負担」となった時には、
こちらから「訴訟費用返還請求」をさせてもらう。
ということを述べると、「上の者に相談します」と席を外しました。

その間、司法委員の方に、こちらの意向をもう一度伝えました。

司法委員の方は、
和解金に訴訟費用が含まれていることに、違和感があるらしく、
「本来、訴訟費用は全面勝訴の時に、手続きをして請求するもの」
「和解の場合、訴訟費用は双方負担となる」
と主張。

確かに、
和解では「過払金+利息」で決着というパターンが多いと思います。

こちらの請求は「全面勝訴」に近い内容で、強引な感じもしますが、
それを承知の上で、訴訟費用を上乗せして請求しました。

私としては、
原告日当以外の4,000円は絶対キープとして、
後は、原告日当をどのように扱うか?ということを考えていました。

また、
判決で不満がある決定が出ても、それを享受するつもりでした。

10分ほどで代理人が席に戻り、
「38,000円でお願いします。」ということで和解成立。
3/6(金)の着金予定と言うことで、振込先口座番号を提示。
(しかし、司法委員の方は最後まで違和感ありありでした(笑)。)

で、
法廷に戻り、裁判官・書記官を加えて、和解の最終確認をして終了。

まとめると、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
過払い金:18,585円
利  息: 7,659円
訴訟費用:12,000円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合  計:38,000円(端数切捨て)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
で和解成立。

弁士が提訴した場合「訴訟費用は請求しない」というのが慣例だと、
どこかで見た(読んだ)ような気がしますが、
過去2件の和解の反省も踏まえて、
本人訴訟の特権で、訴訟費用も含めて請求しました。

ただ、
訴訟費用の内訳の説明が、あまり上手く出来なかったので、
次回以降は、もう少し上手に説明したいです(笑)。

本人訴訟をしている方は、最終的な和解交渉のときに、
ダメモトで訴訟費用を請求するという手もアリだと思います。
(提訴額が低い場合には、特に有効だと思います。)

これで3件目が終了ですが、
裁判所に行ったついでに、となりにある法務局で、
サンライフとディック(現CFJ)の代表者事項証明書を取得。
来週の提訴(勝手に決めつけていますが(笑))に向けて、
訴状作成の準備をしたいと思います。




人気ブログランキング ←ポチっと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ ←モチベーションアップにつながります!
posted by 過払い太郎 at 2009年01月21日 | Comment(4) | TrackBack(0) | プロミス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
過払い太郎さん初めまして。
慌てん坊と申します。

来週早々プロミス第1回目です。
被告は代理人が出廷します。

そこで質問ですが、被告側は威圧的でしたか?
司法委員は横槍を入れてきましたか?

P.S.答弁書を見ると争点はなく、和解として過払い元本の7割を提示しています。

ところがこちらの計算に間違いがあり、再計算すると2万円増額になりました。

月曜日に訴え変更申立書をFAXするか当日、裁判開始時に言ってみて、
あえて旧計算書の低い金額で被告代理人と交渉した方が訴訟費用も請求しやすいかなと思っています。
Posted by 慌てん坊 at 2009年06月13日 19:40
>慌てん坊 さんへ

コメントありがとうございます。

1回目から被告代理人が出廷ということですので、
早期の解決になるのでは?と期待しています。

さて、
私の時の、被告代理人は30歳前後(?)の若い人でした。
私が入廷した時には、すでに被告席にいたので、
被告(プロミス)とのつながりは分かりませんが、
多分社員さんだと思います。
(弁護士や司法書士のような資格者ではなかったと思います。)

TVドラマなどであるような、
法廷を舞台にして侃々諤々と議論を交わすということはなく、
司法委員を含めた三者で、別室でこじんまりと話し合いです(笑)。

代理人は、
威圧的なこともなく、口調もおとなしい感じでした。

代理人といっても、
最終的な権限を持っているような責任のある人ではなく、
(ある程度の決定権はあるでしょうが...。)
言葉は悪いですが「パシリ」的な雰囲気の人でした。

司法委員の方は、かなりの年配の方で、
これも言葉は悪いですが「おじいちゃん」的な雰囲気の人でした。

このような和解交渉の場合には、
「元金満額+5%」でアッサリ決着することが多いと思うので、
この段階で「訴訟費用を求める」ことに違和感ありありでしたが、
(田舎の簡裁なので、こんな主張をする人も少ないからでしょう。)
「それはダメです」というような否定的なコメントはなく、
これまた淡々と、話をまとめることに終始していたと思います。

話し合いも、司法委員を進行役として、
「○○さん、和解を希望ということですが、どんな感じですか?」
「××さん、○○さんは△△と言っていますが、どうですか?」
といった感じで、ビジネスライク的に淡々と進みました。

こちらとしては、
「訴訟費用額確定処分申立書」に基づいた訴訟費用から、
少し減額した金額(譲歩したつもり)を
ボーダーと考えていたので、納得の結果でした。

まぁ、訴前交渉時に、プロミスから
「個人の請求には応じられない。訴訟してください。」
と言われたことが、最後の交渉に役立ちました(笑)。

7割の和解提示ですか...。

個人的な感覚ですが、
三者会議までこぎつければ、あとは「金額」だけの問題です。

相手は「お願いモード」で、
「勘弁してください」とか「うちも苦しい状況なんです」とか、
言ってくると思いますが、
良い意味で「聞く耳持たず」で、こちらの請求を主張しましょう。

慌てん坊 さんが納得できる金額を、
事前に、しっかりと設定しておくことが大切だと思います。

スタンダードは、
「元金満額 + 5%利息」の端数切捨てですが、
ぜひとも、訴訟費用の上積みを狙ってください。

なお、
訴訟費用を請求する時には、内訳も聞かれると思うので、
それにもキッチリ対応できる準備をしておきましょう。
(私の時は、事前に項目と金額をメモしていたので、
当日、それを1つ1つ読み上げました。)

2万円の増額分については、
私なら、訴えの変更はせずに、期日当日に、
「再度計算した結果、2万円増額となりましたので、
訴えの変更をお願いする予定です。」
とプレッシャーをかけておいて、
交渉のカードとして使いたいですが...。

まずは、
慌てん坊 さんが設定した金額よりも、
若干高めを金額を提示して、駆け引きの中で、
「分かりました。こちらも譲りましょう。○○円でどうですか?」
といった感じで、譲歩する姿勢を見せるのも1つの手です。

また、
減額する代わりに、入金日を早めてもらうという手もあります。

あと、
最高裁平成21年1月22日判決や
札幌高裁平成21年4月10日判決を提示して、
5%利息のカットを主張してくる可能性もありますが、
前者には、
「1月22日判決は消滅時効についての判決であって、
5%利息については何ら言及していない」ということを、
後者には、「1つの判例ではあるが、
大部分の判決ではそうはなっていない」ということを、
キッチリと主張すればOKだと思います。

それでもゴチャゴチャ言うようであれば、
「そこまで言うのであれば、
結審して第三者に判断してもらいましょうか?」と、
交渉を打ち切るぐらいの強気でOKだと思います。

もしも、
交渉の中で、即答に苦しむようなことがあれば、
無理に即答せずに「後日書面にて回答します。」で逃げてください。
(そんな事態は、まず起きないと思いますが...。)

初めて(かな?)のことで、不安な部分もあると思いますが、
やってみると「お?案外簡単じゃん♪」って感じると思います。

プロミスは、比較的やりやすい相手だと思いますので、
遠慮することなく、ガンガン行ってください(笑)。

このコメントで、少しでも不安が取れ、
そして、良い結果となることを祈念しております。
Posted by 過払い太郎 at 2009年06月14日 10:01
過払い太郎さん、丁寧な解説とアドバイスありがとうございます。
早速印刷しました。
不安はもう無くなりました。

5%について「悪意の受益者だから払って」という言葉は使わずに済みそうです。
訴訟費用をどうしても拒んだ時に、訴えの変更の存在を匂わせてみます。

そもそも争うなら代理人は来ませんよね。

穏やかに交渉してきます。
Posted by 慌てん坊 at 2009年06月14日 17:32
>慌てん坊 さんへ

コメントありがとうございます。

業者としては、争点の無い案件であれば、
「早く」「安く」終わらせたいというのが本音だと思います。
(処理する案件はハンパなくありますから...。)

こちらとしては、それに惑わされること無く、
ゆったりと構えて、自分の主張をすればOKだと思います。
(代理人も、お土産なしでは帰れないでしょうから(笑)。)

ご自身の考えをしっかりと主張すれば、自ずと結果は出ると思います。

裁判(和解交渉)経験の無かった私でも、
問題なくできましたので、多分大丈夫だと思いますよ。

良い結果となることを祈念しております。
Posted by 過払い太郎 at 2009年06月14日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。